勉強していてよかった!日々の子育てに役立つ資格3選

子育てに役立つ資格ってあるの?

これから何か資格の勉強を始めたいなと考えている方に、ぜひご紹介したい資格。それが、「子育てに役立つ資格」です。どうせ勉強をするなら、日々の生活に密着した知識が得られるのが何よりですよね!

「子育て」は、現代社会の私たちにとって、身近なようで疎遠なもの。実は、知らないことだらけの世界。いざ自らが妊娠・出産というステージに立ち、はじめて経験することばかりです。大きな喜びの傍らに、不安を抱えてしまう方も多いのではないでしょうか。

ちょっと子育てについて調べてみると、「育児ノイローゼ」「魔の2歳児」「イヤイヤ期」など、ネガティブなワードも溢れています。自分はうまく子育てができるだろうか…不安のループにはまってしまいそうですね。

そんな時、資格で勉強したことが日々のヒントになったら。不安だった毎日の子育てが、わくわく感でいっぱいになります!

専門職向けの資格から、気軽に勉強できるスキルまで。幼児教育に長年携わってきた筆者が、オススメの子育てに役立つ資格をご紹介したいと思います!

資格の勉強をするタイミングは?

筆者がオススメする資格勉強のタイミングは、ズバリ「妊娠中」です。

妊娠中、初期の悪阻以外にはマイナートラブルのほとんど無かった筆者にとって、子育てへの好奇心と期待が高まっているこの時期は、勉強のモチベーションが最高潮。絶好の資格勉強のタイミングでした!

とくに産休に入ると、急に自由な時間がまとまって手に入り、手持ち無沙汰に。集中して資格の勉強をするにはもってこいの時間だったのです。

現在2児の子育て中ですが、2回とも妊娠中に子育てに役立つ資格を取得しました!

資格勉強って大変じゃない?費用や時間は?

子育てに役立つ資格には、コツコツと長いスパンで勉強が必要になるものから、数日や数か月で手軽に取得ができるものまで、種類はさまざまです。

たとえば、国家資格である「保育士」は、試験の科目数も多く、試験日程も限られていますので、ある程度の勉強時間の確保と、受験するための計画性が必要になるでしょう。勉強方法は、通学・通信講座・独学と選択肢が多く、費用もそれぞれに変わってきます。

一方で、「ベビーマッサージ」などの民間資格では、比較的短期間・低コストで取得できるのが特徴的です。プライベートレッスンで勉強できる場合も多く、自身の都合に合わせてレッスンを組み立てられるのも便利です。

まずは、ご自身がどれだけ資格勉強に時間を費やせるのか、どのようなスタイルで勉強を進めていきたいのかをイメージしてみて下さい。きっと、それぞれのライフスタイルに合った資格が見つかるはずです!

オススメの子育てに役立つ3つの資格

保育士

保育士は、日本の国家資格の一つです。子どもの保育に関わる分野について満遍なく勉強ができるので、子育てをする上での基礎知識を身に付けることができるでしょう。それと同時に、日本の福祉制度などについても細かく学ぶことができるので、子育て中に自分がどのような支援や制度を利用できるかといった知識も身に付けることが可能です。

子どもの発達についての知識を網羅する資格ということで、最近では、実際に保育士として働きたい人だけではなく、子育てに活かしたいという親たちや、仕事で子どもと接する機会のある人たちからも人気のある資格です。

保育士国家試験は年に2回あり、筆記試験8科目と実技試験2科目があります。科目数も多く、勉強の分量は非常に多いと言えるでしょう。しかし、すべての科目を一度で合格する必要はなく、数年をかけて受験することが可能ですので、コツコツと自分のペースで勉強を進めることができるのが特徴です。

筆者自身も、実際に2年に分けて受験をしました。通信講座で勉強を進め、1年目は筆記6科目を受験し、5科目合格。2年目に筆記3科目と実技という形で合格しました。

しっかりと子どもの保育全般について知識を深めたい人、国家資格にチャレンジしたい人、コツコツと勉強をするのが得意な人にオススメの資格です!

モンテッソーリ教師

モンテッソーリ教育は、19世紀にイタリアの医師・モンテッソーリ女史が提唱した教育法です。個々の子どもが本来持っている力を最大限に伸ばすための環境作りが特徴で、欧米では大変ポピュラーな教育方法です。

最近では、Facebook創業者のマーク・ザッカーバーグやGoogle創業者のラリー・ページとセルゲイ・ブリンなどのIT革命者たちもモンテッソーリ教育の経験があるということで、改めて注目を集めています。

日本にもいくつかのモンテッソーリ協会があり、それぞれに教師養成講座を設けています。通学や通信講座があり、0〜3歳児コースと3〜6歳児コースが一般的です。

日本モンテッソーリ教育綜合研究所
https://sainou.or.jp/montessori/correspondence/0to3.php

勉強の分量は、保育士資格と同様にかなり多めと言えるでしょう。モンテッソーリ教育独自の教具提供の実技試験があるのも特徴的です。費用も他の資格試験と比べ、やや高額です。

筆者は、2年間の通信講座(内、毎年8日間のスクーリングあり)で学びました。

少しハードルが高い印象を受ける資格ですが、子どもの発達に寄り添った「大人の在り方」を学ぶことができ、子育てのヒントになる知識が満載です。実際に、モンテッソーリ教育をベースとした子育て指南本も多く出版されています。

モンテッソーリ教師は、筆者が最もオススメする資格の一つです!モンテッソーリ教育を勉強すると、子どもの困った行動が、実は発達の一端であったことや、子どもからのメッセージであったことに気付け、子育てが楽しくなってくるのです。

資格以外にも、単発の講習会や講演会なども多数催されていますので、ぜひ気軽にチャレンジしてみて下さいね!

ベビーマッサージ

ベビーマッサージは、赤ちゃんとママのスキンシップを促すための手法の一つで、赤ちゃんの心身の発達に良い影響があると言われています。オイルを使ったマッサージが一般的で、出産時の助産師さんなどから指導を受けたことがある方も多いのではないでしょうか。

日本にはベビーマッサージに関わる協会がいくつかあり、それぞれに資格試験を用意しています。新生児〜乳幼児の身体の特徴や、よくある肌トラブルに関する知識なども網羅しながら、赤ちゃんとのコミュニケーション方法を学ぶことができます。資格を取得すると、ベビーマッサージのレッスンを開催できると同時に、教師養成資格を得られる場合も多く、産後に新たなビジネスを始めるきっかけ作りにもなります。

筆者は、妊娠後期から勉強を進め、出産前に資格を取得することができました。

赤ちゃんへの愛情をどう伝えていけばよいかは、新米ママが必ず悩むポイントだと思います。ベビーマッサージは、生まれて間もない赤ちゃんとのコミュニケーション方法として、学んでおいて本当によかったと感じる資格です!

まとめ〜子育てにマニュアルはない〜

この他にも、食育や児童英語教師、アートセラピーなど、子育てに役立つ資格はたくさん。学ぶことで、子育てに自信が付き、子どもとの生活がより一層楽しくなることは間違いなし!ぜひ、子育てに役立つ資格取得にチャレンジしてみましょう!

一方で、子育てには完璧なマニュアルは存在しません。学ぶことで頭でっかちになり、学んだことがすべてだと勘違いしないようにすることが重要です。子どもは十人十色。あくまでも、学びはひとつの参考です。目の前にいる子どもとのコミュニケーションを大切に、お子さんとの日々を楽しんで下さいね!

コメントを残す