専業主婦が再就職!2年のブランクを打ち消し戦略的に正社員へ

私は現在5歳の子どもを持ちながら正社員として働いています。

出産を機に退職しましたが、子どもが1歳半の時にパートとして社会に復帰。

その後何度か転職を経て現在に至ります。

専業主婦になってから正社員として採用されるまで約4年かかりました。

今回はその道のりをお伝えしたいと思います。

「夫から自立したい」働きたい気持ちと焦り

仕事を続けたいが…

出産するまでは、営業や事務などのお仕事をしていました。

当時勤務していた会社は「子どもが出来ると退職」というのがお決まりのコースで、育休を取って復帰した人は誰もいませんでした。

私が育休第一号にという気持ちもありましたが、専業主婦になってほしいと希望している夫が育児との両立に協力してくれるとは考えられず、頼れそうな実家の両親も遠く、慣れない育児を1人でしながら働く姿が想像できませんでした。

その結果退職という苦渋の決断をしました。

「もう働けなくなるんじゃないか」という恐怖

元々モラハラ気味な夫ではありましたが、私が出産し家庭に入るとその度合いがひどくなりました。

仕事をして外の空気を吸うこともなくなったため、気分転換もできず離婚が頭をよぎることが増えました。

しかし、離婚するにしても経済的な基盤がありません。

もともと働くことが好きだったこともあり、まずは自分で働いて稼ごう!という気持ちは出産して半年位で芽生え始めました。

しかし、子どもがいることで「採用されないのでは・・・」、「働いたとしても職場に迷惑かけるのでは・・・」と様々な焦りの気持ちと恐怖感がずっと付きまとっていたことを今でも思い出します。

働き方について考える。まずは情報収集

「ママの働き方セミナー」に参加し、まずはおおまかな情報収集

働くにあたってまずは保育園に入れるのか、そもそも小さい子を育てながら働き始めた人はどう動いたのか。

情報収集のため「ママの働き方セミナー」なるものに参加しました。

子どもが熱を出した時、仕事の選び方、家事との両立、周囲から理解を得る方法など実際のワーママも参加しての内容だったため、非常に参考になりました。

私が話を聞いている間は託児をしてくれたのですが、今まで人に預けたことがなくずっと一緒だったのでたった2時間ほどでしたが、子どもの様子が非常に気になりそわそわしたのを覚えています。

ハローワークでの求人を眺め、求人動向を探る

子どもをベビーカーに乗せ散歩の途中にある地域の女性センターによく立ち寄りました。

そこにはハローワークの求人が置いてあったので自由に見ることが出来ました。

今すぐ応募するというつもりではありませんでしたが、自分の希望する事務の仕事はあるのか、どのような求人が多いかなどを見ていました。

いざ動こう!と思った時から情報収集をスタートさせるより、事前にある程度情報を頭に入れておいた方がすぐ動けチャンスを逃すことがありません。

無料機関を使い、自分の経歴を棚卸する

求人の動向を数か月見ていると、自分の希望する事務のなかでも経理事務の求人が圧倒的に多く、時給も高いことに気づきました。

子どもがいるということが採用においてハンデになると思っていたので、少しでも求人数が多く、また専門性がある分野ということで経理事務を目指してキャリアを再スタートさせようかと少し方向性が定まってきました。

今はマザーズハローワークなど子ども連れでも相談できる場所が増えてきているので、そのような場所で自分の市場価値を客観的に見てどうか?ということを聞きました。

やはり子持ちの再就職において看護師や保育士など手に職かよほどの実績がなければ、いきなり正社員は難しいとのことでした。

しかし、自分の市場価値がわかったので足りないところを補うべく戦略が立てたれます。

また、履歴書の志望動機や自己PRも無料で添削してもらえるのでぜひ活用をおすすめします。

資格を取る

日商簿記を取得する

子どもがお昼寝の時間を利用して昼間に2時間程度、夜寝かしつけてから2時間弱と資格の勉強を始めました。

まずは日商簿記3級の取得を目指し、それと並行して2級の勉強もしました。

勉強の内容も似ていたので、ついでにという感覚で建設業関係の会社で役に立つ経理の資格「建設業経理士」2級も取得しました。

のちにこれが思わぬ形で役に立ちます。

「育児をしながら勉強までして大変だね!」と友人に言われましたが、自分にとってはいい気分転換になりました。

子どもが寝ている時間帯は自由ではありますが、好きに出歩ける訳ではなく私にとっては何となく不自由な時間でもありました。

そこを有効活用できているというのは嬉しかったです。

資格はあっても邪魔にはならない

ネットなどでは、「資格を取っても無駄」という論調もありますが、私の体感としては「取っておいて良かった!」と感じています。

看護師や、保育士など資格がないと仕事が出来ないものは除き、資格がなくても実務経験があれば出来る仕事はたくさんありました。

しかし今回は実務経験が無かったため、まずは採用に一歩近づくためにも資格だけでもと取得しました。

ハローワークの担当の方にも、
「資格あり+実務経験あり>実務経験あり>資格あり>未経験」
ということを改めて教えてもらい、まずは資格を取り未経験でも採用してもらう。

そして実務経験をゲットする。

この作戦でキャリアを積んでいきました。

「子どもがいても働けます」という実績を作る

パート勤務で再就職

無事資格を取得でき、いざ就職活動です。

本当は正社員として勤務したいところですが、約2年のブランクもあり育児をしながら働けるか不安もあったためまずはパート勤務からと思い就職活動を始めました。

1件目に応募した会計事務所で運よく1日7時間、週3日のパート勤務として採用してもらえました。

しかしここでも私自身の経歴以上に「子どもが熱を出した際には?」など子持ちで本当に働けるのか?ということを重点的に聞かれ子持ちで就職活動をする壁を痛感しました。

パートで楽々転職

ここで約1年実務経験を積み、会計ソフトを使えるようになったのを武器に今度は企業の経理にパート勤務として転職しました。

ここでの転職活動は非常にスムーズに進みました。

「資格も経験もあり、子持ちで働いています」という実績がモノを言い、10件応募で7件採用という実績でした。

もちろん週4の6時間勤務のパートだからというのもありますが、その場で採用していただいたり、子持ちで働いている実績があるからか、「子どもが熱を出したら~」という質問をされることもほとんどありませんでした。

そのおかげで自分にとって働きやすそうな所を選ぶことができ、また時給も100円上げてもらえました。

どんなに小さくても実績を作ることの大事さを痛感しました。

実績があることで、「選ばれる側から選ぶ側」へなることが出来ます。

育児をしながら無理せず長く働くというのがまず第一です。

そのためには実績が非常に役に立ちました。

いざ、正社員に転職

仕事と育児の両立にも慣れ、いつでも正社員として働けるという自信も少しずつついてきました。

いい求人があればと常に正社員の求人は眺めていました。

ある日、働きやすそうな事務職を発見。

経理事務ではなく一般事務でしたが、やはり今後の経済的な面や有休など福利厚生面でも正社員として勤務したい気持ちが強く応募。

建設業関係の会社だったため、ここで以前ついでにと取得した建設業経理士の資格が活きてきました。

また、働きだしてからなぜ採用してくれたのか少し聞いてみました。

当時30歳は超えていましたが、応募者の中で比較的若い方だったから。

というのも理由の1つだったようです。

実務を教えてくれる人よりあまり年が上だと・・・などバランスを考慮してのところもあったようです。

この時まだ子どもは3歳。

個人的には焦って転職活動しすぎかなと思うところもありましたが、年齢が足かせとなってくるのも事実なので、早めに動いていてよかったと思います。

まとめ

まずは一歩踏み出すと次やるべきことが見えてきました。

回し車を動かすために最初は大きなパワーが必要で大変ですが、一度動き出すと軽い力で動かし続けることが出来ます。

まさに正社員として採用されるまでの過程も同じです。

はじめにパートとして採用されるまでが、「両立して働けるのか」など気持ちの面でも思い悩むことが多くしんどかったなと思います。

しかし、足を進めるごとにその問題に対する解決策を見つけていくだけなので気持ちの面では楽になりました。

自分の力でお金を稼ぐというのは大変ですが、そのお金で子どもの未来を開いていけると思うと頑張れます。

一専業主婦の経験談ですが参考になれば幸いです。

コメントを残す