1歳・2歳の子どもの人気習い事5選

2歳になる頃の子供は親をたくさん困らせる「魔の2歳児」という言われ方をすることがありますが、見方を変えれば誰の言うことも聞かずに一直線に自分の欲求に向かって突き進む時期であり、それが学習と結びつけば大人では敵わない大変な吸収力を発揮します。

まだまだ1歳・2歳では早いと思われがちな「習い事」ですが、吸収力がもの凄いこの時期だからこそ始めてみる価値があります。オススメの習い事とそのメリットについて見ていきましょう。

1歳児・2歳児の特徴

1歳の誕生日を迎えた段階で歩ける子供は全体のおよそ50%以上と言われ、行動範囲が格段にあがることでママやパパの心配が増えます。手に取れるものが増えることで興味の範囲も広がります。

ただ、コミュニケーション能力がほとんど無いため変化や不調に気づきにくくママやパパにとって心配です。

2歳になると言葉を発し始めるので周りの大人を真似てコミュニケーションを取ろうとし始めます。走ることもできるので活発に動き回り、さらに自分で出来ることも1歳の頃より増えるので「自分でやりたい」という気持ちが現れ始めます。やりたい事とやりたくない事がはっきりし始め、それが「イヤイヤ期」と呼ばれる親を困らせる振る舞いになります。

オススメの習い事5選

大人にとって1歳の違いはほとんど無いに等しいですが、1歳児と2歳児では特徴が大きく異なります。それぞれの年齢に適した習い事の中から性格に合ったものを選ばれるのが良いでしょう。

その1:ベビーサイン教室(1歳児)

1歳児ではまだまだ言葉を上手く発せないので、言葉の代わりとしてジェスチャーを使用した「ベビーサイン」を覚えさせる育児方法があります。

ただ、「ベビーサイン」について素人のママやパパが覚えさせるのは中々大変で、1つのワードを覚えさせるのに半年かかったという声も聞きます。ベビーサイン教室を利用して経験豊富な先生に子供の「ベビーサイン」の習得をお願いするのも1つの有効な方法です。

【メリット】

自分の気持ちを理解してもらえるという経験を1歳の段階で得られる事でその後の言語能力の発達が飛躍的に向上しやすくなります。ママの体験談の中には子供自ら不調をママに訴えることが出来たため、病気の早期発見が出来たという声もあり、「ベビーサイン」を習得するメリットは大きいです。

その2:英会話教室(1歳児・2歳児)

英会話を子供に習わせたいと考えるママやパパは多いことでしょうが、日本語も話せない段階では早過ぎると考えられがちです。しかし、言語に対して吸収力の高いこの時期だからこそ高い学習効果が期待できます。

【メリット】

「L」「R」の発音の違いなど、ある程度成長した後で学習しても聞き分けが難しい発音が英語にはありますが、幼少期から耳に慣れさせる事で聞き分けと発声が自然とできるようになります。

決して早過ぎることはなく、3歳までに習わせるのがベストとも言われます。

その3:リトミック教室(1歳児・2歳児)

教えてもいないのに音楽を聞きながらリズムを取って頭や体を動かす幼い我が子を見て驚かされたことがあるのでは無いでしょうか。音楽とダンス表現は人間に備わった潜在能力と言えます。そうした能力を発達させる教育法として「リトミック」があります。

音楽に合わせて身体を動かしたり、楽器を使用して音を奏でる楽しみを知ることができます。現在では習い事の1つとしてとても注目されています。

【メリット】

身体能力の発達だけでなく、知能の発達を促したり集中力が増すと考えられています。さらに音楽に身をゆだねることは心の成長にも良いとされ、内面・外面両方にとって良い効果が期待されています。

その4:運動教室(2歳児)

スイミングやサッカー、体操、バレエなど運動教室が各地で開催されています。1歳から受け入れている教室もありますが、2歳から始めた方が子供自身が積極的に楽しめるためオススメです。

【メリット】

2歳では運動能力が飛躍的に高まりますので、部屋で過ごしているとついつい危険な場所に登って落ちて怪我をするといった事故が多くなります。

部屋の中だけで遊ばせるのではなく、こうした教室で思いっきり身体を使って遊ぶことで運動意欲の発散になり、筋肉の上手な使い方が学習できることでバランス能力が向上します。

危険で不安定な場所を身体で判断できるようになり、事故を避けることにも役立ちます。

スイミングでは親子で楽しむことができますので、スキンシップをいつも以上に取ることができるでしょう。

その5:お絵かき教室(2歳時)

1歳の頃はパパやママに絵を書いて欲しいとせがんできますが、2歳になると自分でも少しづつ絵を描くことに楽しみを覚え始めます。

成長後に絵による表現力や色の使い方が上手なのは幼少期にどれだけお絵かきをしたかによって決まってきますので、家を汚されたく無いけど絵が上手になってほしいと思うならお絵かき教室はオススメです。

【メリット】

成人した後でも幼少期に自分がどんな絵を描いていたか振り返るのは楽しいものです。自分の子供が幼少期にどういった感性を持っていたか記録として残してあげられます。

プロのサポートのもとでお絵かきを習うことにより、創造性だけでなく試行錯誤の後の達成感を得られますので、脳や心にとって非情に良い効果が期待でき、さらには物事に対する違った見方もできるようになりますので、感性も養われます。

年齢や性格を考慮して子供に合った習い事を見つけましょう

2歳までに始めて良かった習い事を紹介してきましたが、性格などにより向き不向きは当然あります。身体を動かすことは好きだけど、座って何かに集中するような習い事は得意では無いということもあるでしょう。

ママやパパの思い通りにいかないと思っても、幼稚園や保育園に入園する前のこの時期の子供にはすでに何かしら才能の芽が育ち始めています。性格に合った習い事であれば集中して取り組み、成長も著しいことでしょう。

育児を主に引き受けているママ、もしくはパパにとっても子供が習い事をしている間は肩の荷が下ろせますので日頃のストレスも軽減し、親子の関係にとっても良いことでしょう。

2歳までの習い事には多くのメリットがありますので、是非始めて見てはいかがでしょうか。

コメントを残す