1歳なのにハイハイせず、動かない!病気なの?成長が遅い息子


我が家は共働きでしたから、息子が1才になる春に保育園に入りました。

保育園に入る時に私が心配だったこと・・・

それは「自力で動かない子」だったことです。

寝返り、ずりばい、ハイハイと乳児期に見られる「動く成長過程」であまりにも遅くて心配した経験と、その子が小学校になるころにはどうなっているかのお話をしたいと思います。

自力で動かない子の成長過程を紹介します!

寝返りは数えるほどしか見ていない

生後半年も過ぎると寝返りをするという話を聞いていました。

うちでもうつぶせにしたりして、運動?なるものをやってみたりしてました。

でもうちの子・・・動きません。

寝返りを初めてみたのは7か月頃だったでしょうか。

一度できるところをみて安心はしたものの・・・

その後、ゴロゴロ転がって目が離せない(笑)なんて状況には一切なりませんでした。

ずりばいって何ですか?!

寝返りもめったに見かけないのですから、動く気配がありません。

同じ月齢のママ友と話していても、

「目を離すとずりばいで動くようになって大変!」

と聞きます。

私からしたら

「へ?何それ?動くの?」

という感じでした。

家ではほぼ定位置なので、安心と言えば安心ですが他の子の成長を見ていると心配にもなってきます。

調べてみると筋肉の発達に必要とあるので、焦りを感じ練習方法をそのままマネをしてみました。

  • ちょっと離れたところにおもちゃをおく
  • 手をたたいて呼んでみる

など、試しましたが動きませんでした。

初めてまともに動いたのはお尻でバック

あれは忘れもしない・・・

「自力で動かない」事が気になって気になって仕方なかった生後9か月。

親族が集まった席でお座りをしていた息子が、突然お尻で後ろに移動したのです!

おおげさですが、泣きましたね。

ハイハイもしないし、あまり自分から動く姿を見なかったので家族で手をたたいて喜びました。

でもその後はまた不動です。

動けないわけじゃない事がわかって私も安心したのでしょうか、そこからあまり焦らなくなりました。

ハイハイして苦労した記憶もない

ハイハイしだすと大変だよと聞いて、台所や階段にガードも設置しました。

頭をぶつけそうな角や、コンセントカバーもつけました。

でもね・・・そんな心配は要らないよというくらい動きません。

ここまで動かないとさすがに心配になり、育児情報で

「はいはい しない」
「あかちゃん はいはい いつから」

とか検索しまくりました。

保育園に入って大丈夫?

保育園の最初の説明会

「気になる事はありますか?」

と聞かれたので、

「自分で動かない子なんです。家ではいつも同じところにいて抱っこして移動させてます」

と伝えました。

家では私や主人が移動させてますが、保育園でたくさんの赤ちゃんの中に入るとこの子は一日同じところにいるのではないか?

と心配になりました。

先生たちも1人の子にかかりっきりにはならないだろうし・・・

保育園に入れても、1人ぽつんと寂しい思いをするのでは?と心配したものです。

先生は

「まだ1歳ですし、心配ないですよ」

と明るく答えてくれました。

ずりばいもハイハイもすっ飛ばして立ちました

結局活発に動き始めたのは、つかまり立ちしてからでした。

ソファの上でつかまり立ちをして、右へ左でコロコロと良く動くようになりました。

ハイハイせずに、いきなり歩く子もいるという情報がありますが、本当ですね。

ハイハイしてないので筋力ないか?というとそんなこともありません。

しっかり自分の足で立って歩いてました。

つかまり立ちをし始めると、手をつないで歩く練習もしたりしました。

一人で歩けるようになったのは1才を少し過ぎた頃でした。

ショッピングセンターの子供広場でよちよちと5歩ほど歩いた光景は今でも覚えています。

成長が遅いと心配したけど・・・

あれほど成長が遅いのか?

と心配した息子ですが、保育園も年少さんに上がるころにはお友達とも遊び、活発になりました。

成長するにつれ私も

「じっとしなさい!」「静かにしなさい!」

と怒る事が増えました。

実はしゃべるのも遅いと心配した時期があったのです。

1歳半健診で、

「言葉が遅いのでは?」

と相談したこともあります。

今思えば「そんなことで悩んだこともあったなぁ」と笑い話です。

保育園の年長さんでは、園の先生にも

「ちょっとジッとしようよ」

と注意されるまでになりました。

おしゃべりも達者になり、親に反論までしてきます。

さいごに

成長が遅いかな?と悩む母親は多いと思います。

私も初めての子育てで、情報に惑わされて

「うちの子大丈夫かな?」

と焦ってばかりいました。

焦ることをやめられたのは保育園の先生が信頼できたからです。

私よりもはるかに多くの子供の成長を見ている先生方が大丈夫というなら大丈夫だと。

本当に心配なら、プロの先生が気付いてくれるだろうと。

結局6年間保育園に通いましたが、毎日お迎えの時の申し送りは

「今日も元気でしたよ」

が99%でした(笑)

今年小学校にあがりますが、今までを振り返り

「この子は何事もゆっくり成長する」

とわかったので、多少できないことがあってもさほど焦らずにすんでます。

育児書やネットで情報が溢れていて、母親としては他と比較して焦る気持ちがあるのは当然です。

でも毎日子供と関わってくれる保育園の先生や、かかりつけのドクターなど多くの子供を見てきた方たちの「大丈夫」を信頼しましょう。

その子、その子のペースで親が知らないうちにいろいろできるようになっている物ですよ。

コメントを残す