バイリンガル育児に挑戦中!カナダに住む2歳5か月息子の現状は?

私は現在、カナダ人の夫、2歳5ヶ月の息子とカナダに住んでいます。

私の職業が日本語教師ということもあり、息子の言語の発達には大いに興味を持って観察をする日々です。

つい最近、英語も日本語も3語文が出るようになった息子の現状と、親として気を付けていることをシェアしたいと思います。

私は日本語で、夫は英語での話しかけを徹底

まず一番気を付けていることは、息子に言語の面で混乱を起こさせないように、私は日本語、夫は英語での話しかけを徹底しているという点です。

息子が英語で私に話しかけてきても、私が返すのは必ず日本語です。

カナダは移民国家ですので、世界中からいろんな人が来て生活をしています。

親子間ではそれぞれの国の言葉で話し、ほかの国の人が来ると英語に切り替えるというのは日常茶飯事。

ですから、私と息子が日本語で会話していても特に目立つこともありません。

むしろ「日本語!かっこいいね」といった反応です。

英語の本も日本語に訳して読み聞かせ

では、私は日本語、夫は英語をどのくらい徹底しているかというと、英語の本を私に「これ、読んで」と持ってきても、私は英語では読みません。

かならず即興で日本語に訳して読むようにしています。

これは夫も徹底してくれていて、日本語の本を夫に持っていっても英語で読み聞かせをしています。

英語を日本語っぽく発音した息子

ここまで徹底して夫と私で言語を分けているのは、大学時代に読んだ論文にそのような成功事例があったからです。

でも、実はそこまで徹底しなくても大丈夫なのではないかと最近思い始めました。

それは、私には「赤」、夫には「red」と言うようになった息子が、夫に「up(英語でだっこの意味)」と言った後に私に「appu」と日本語アクセントの英語で言ってきたことがあったからです。

日本語の「だっこ」が出てこなかったのでしょうが、英語っぽいか日本語っぽいかという発音を基準に英語と日本語を使い分けようとしているように思うのです。

息子の掛かりつけ医に聞いても、そこまで使い分けを徹底しなくても、子どもは英語か日本語か判断できるとの見解でした。

これは今後も注意深く見守っていきたいと思っています。

とにかく絵本をたくさん読む、読む、読む

はじめに述べたように私の本職は日本語教師です。

また、海外在住の日本人子女に国語を教えることもあります。

その経験から分かっていることは、本を読む子はほぼ例外なく日本語が上手です。

そんな理由もあって、息子には生まれた時から読み聞かせを徹底して行ってきました。

今でも1日に30冊は必ず読んでいます。

幸運なことに息子も本に非常に興味があるようで、一人で遊ばせていると自然と本を読んでいることも多いです。

カナダにも子育て支援センターのようなものがあるのですが、息子はそこでも集中して本を読んでいることも多いです。

そのような姿を見て、よく「どうすれば本好きの子どもに育つの?」という質問をされることが多いですが、その答えは一つ「親も本を読みましょう」だと思います。

子どもは親の真似をするからです。

母と私もそのような関係でした。

暇があったら本を読んでいた母に影響を受け、私も弟も子どもの時はとにかく本が好きでした。

図書館や本屋に行くとなったら嬉しくて大騒ぎしていたのを覚えています。

残念ながら弟は中学生ごろからぱったり読まなくなりましたが、言語の発達にとって大切な時期にどっぷり本に浸れたというのは、私にとっても弟にとっても幸せなことで、母には大変感謝をしています。

息子にとってはあくまで英語がメインの言葉

私の希望というよりも野望ですが、息子には英語も日本語もどちらも完璧に操るネイティブスピーカーになってもらいたいと考えています。

ただ、これは一般に考えられているよりもかなり難しいことです。

カナダにいるのだからといって生活しているだけで英語が出来るようになるわけではありません。

確かに生活をしていれば日常会話には不自由ないぐらいにはなるでしょう。

でも、それでは本当に「英語が出来る」とは言えないと思うのです。

私が目指している「出来る」というレベルは、その言語を使って高度で抽象的な思考もできるというレベルです。

私が以前、ほかの国で日本語教育に携わっていた時です。

現地語と日本語のバイリンガルの子どもさんを教えていました。

すでに6年生になっていたその子どもさんですが、2言語の導入がうまく進まず、現地語も日本語も3年生のレベルに留まっていたのです。

6年生ともなるとある程度の高度な思考をすることができますので、何かについてじっと考え込むという姿勢が見えてくるはずなのですが、その子どもさんはじっと考え込む言語が3年生レベルしかないのです。

まずはどちらかの言語に絞り、その言語を高めるという作業が必要で、現状のままだと高度な思考ができる言語を持たない大人になってしまうような状態でした。

息子にはまず1つでいいからレベルの高い言語を身に付けてほしいと思っています。

というよりも、身に付けさせるのが親の義務だと考えています。

そして、ほぼ100%カナダで生活をしていく息子にとって、一つ目の言語は英語です。

もちろん日本語も同じぐらいできるようになってほしいですが、まずは欲を抑え、英語を優先させながら日本語も積極的に導入するというバランス感覚が大切だと日々感じています。

コメントを残す