絵本を破る息子(泣)おとなしく読み聞かせるにはどうしたら…?

「子供ができたら、いっぱい絵本を読んであげよう」

妊娠中は私もそう思っていました。

でも、いざ子供に絵本を読んであげようとすると、ぜんぜん話を聞いてくれませんよね。

理想やイメージと違うことばかりです。

この記事では、3歳男児を子育て中のママが絵本を聞いてくれない子供にどう接しているかをお話します。

「絵本の読み聞かせは大事」っていうけど…

絵本の読み聞かせは大切ってよくいわれますよね。

絵本を通して親子のコミュニケーションがとれるとか、子供の好奇心や言葉が育つとか、本当によく聞きます。

そのため、私も絵本を子供に読んであげようと思っていました。

最初の絵本は、定番せなけいこさん作の「にんじん」

「にんじん」の絵本を初めて読み聞かせたのは、5ヵ月ぐらい。

別に、子供は楽しそうという感じはしていなかったと思います。

むしろ、そっぽを向いていた気すらします。

でもその後、ある日絵本に手を伸ばしてきたので、

「よしよし、絵本に興味を持ったんだな」

と思いました。

そこで、絵本を子供に渡してみました。

笑いながら、子供は絵本を破りました。

薄いページの本だから破られますよね…(涙)。

更にその後、6ヵ月か7ヵ月ぐらいでしょうか。

今度は、ページが比較的分厚い動物の絵本を渡してみました。

「これなら破られる心配はない!」

私は自信満々に子供に絵本を渡しました。

子供は絵本をかじってボロボロにしました…。

「こいつには絵本は早かった!」

そう考え、子供に絵本を与えるのをしばらく止めることにしました。

子供が自分から絵本を読んでいた!

我が家では1歳6ヵ月ぐらいから保育園に子供を預けていました。

保育園に通い始めてから1ヵ月ぐらい経った頃のことでしょうか。

迎えに行ったときに、子供が絵本を読んでいる光景を目にしました。

お部屋にはおもちゃもあり、子供たちはそれぞれ好きな遊びをしながら親を待っていました。

ということは、私の子供は「自分で」絵本を選んだのだと考えられます。

普段は家で絵本を読むことに関心が全くなかった子供が、自分から進んで絵本を読んでいた…。

私は自分の目を疑いました。

「よその子供と間違えていないだろうか?でも、あの服装はうちの子供のものだし…。やっぱり、どう見てもうちの子供だ!」

机の上に絵本を開き、ほおづえを付きながら足を組んで

「朝刊を見るおっさん」

のように読書していた子供の姿を私は決して忘れないでしょう。

もう一度絵本の読み聞かせにトライ

「前は月齢が早すぎたから、子供に絵本の読み聞かせができなかったに違いない。」

そう考え、絵本の読み聞かせを再びしてみようと思いました。

今回は、インターネットや店頭で下調べをして、1歳6ヵ月前後の子供に流行っていそうな絵本を選びました。

その結果、かがくいひろしさん作の「だるまさんシリーズ」で読み聞かせをしてみることに決めました。

「保育士さんもおすすめ」
「子供が笑う鉄板」

そんな心強いフレーズに、

「きっと私の子供も絵本に笑い転げてくれるだろう」

という期待が高まりました。

いざ、絵本を読み聞かせました。

特に、夫が大げさに抑揚をつけて絵本を読んであげると、ゲラゲラと子供は笑いました。

でも、子供が自分で絵本をめくろうとした瞬間、

「ビリッ…」。

だるまさんシリーズも薄いページの絵本でしたから、簡単に破れてしまいました。

実はだるまさんシリーズは3冊あるのですが、私はいっぺんに3冊セットで買いました。

だから、3冊全部破られてしまいました…(涙)。

子供に絵本を読んであげたいという私の心は完全に叩き潰されました。

あの子なりに絵本にかかわればそれでいい

それから数か月経って、子供が2歳になり、3歳近くになりと時が経つにつれ、子供への絵本の読み聞かせについての私の考え方は変わってきました。

最初は

「絵本を読んであげよう」

というものでしたが、

「あの子なりに絵本にかかわればそれでいい」

に移行しました(もちろん、わざと絵本を破ったときには怒るようにしますが)。

それというのも、以下の3つの体験があったからです。

子供が一人で絵本のページをめくるようになった

月に1度、保育園から絵本を子供が持って帰るのですが、2歳になったぐらいから持ち帰った絵本に興味を示し始めました。

別に読んでくれというわけではなく、子供は一人でページをめくって遊んでいました。

「これがこの子の絵本の接し方なんだ」

そう分った気がしました(違うかもしれませんが)。

保育園で絵本を読み聞かせる先生のお話はちゃんと聞く

ある日、保育園の参観日がありました。

そのとき、先生が子供たちみんなの前で絵本を読んでいたのですが、私の子供もちゃんと楽しそうに聞くことができました。

先生のプロの技というのもあるのでしょうが、絵本を楽しめるということができていて安心しました。

(マレですが)子供から「絵本を読んで」と言ってくるようになった

本当にマレですが、3歳ぐらいから子供から

「絵本を読んで」

と言ってくるようになりました。

まだ読んでいる途中でページをめくられたりすることもかなり多いですが、それでも以前と違って読み聞かせが一応はできるようになりました。

最後に

理想の育児イメージから

「絵本を読んであげなきゃ」

と最初は私も思っていました。

でも、理想はあくまでも理想で、現実とは違いました。

無理して理想に近づこうと努力しなくても、子供は絵本を楽しめるようになっていたのです。

ならこれでいいのかなと、最近は受け入れ気味です。

本来なら子供に絵本を読み聞かせるはずだった時間を、自分のための時間としてとらえ、有効活用することにしました。

コメントを残す