子供が夜寝ない…就寝時間22時以降の理由や事情。親14人に聞いてみた③

先輩ママKu-さん宅ケース・・・

5歳で寝付くまでの時間が伸びた

現在幼稚園に通っている5歳児の息子がいる専業主婦です。

4歳までは決まった時間に子供が就寝しており、お風呂に20時ころに入り、その後絵本を読んだりして21時までには就寝させるように心がけていたのですが、5歳になってからは布団に入る時間は変わらないものの、子供が寝付くまでややしばらくかかるようになりました。

布団で寝がえりを打ったりしてゴロゴロする時間が多く、結局は22時を過ぎて寝付くことが多いのですが、特に遅いと23時少し前にようやく寝付くことも有ります。

子供を起こす時間は幼稚園のバスによって変えており、早い時間帯に幼稚園バスでお迎えに来るときは、7時半過ぎには必ず起こすようにしており、遅い時間にお迎えにバスが来る場合は、少し遅くまで寝かせてあげ、8時過ぎに起こすようにしていました。

しかし、起こさないでいると休日なんかは9時過ぎまで寝てしまうこともありました。

体力消耗作戦で母の粘り勝ち

4歳から5歳になり、体力もだんだんと付いてきたこともあり、幼稚園で遊ぶ運動だけでは体力が有り余っていて疲れていないことから、夜更かししてしまうのだと思い、このままではだめだと奮い立て、いつもバスの時間や休日に関係なく、7時半までには起こすようにしました。

体力を消耗させるためにもっと運動をさせたいのですが、現在住んでいる住宅は集合住宅と言うことも有り、子供が家で走り回ったりさせることは近所迷惑になるのでさせられません。

このため、身体を動かして少しでも疲れさせるには公園に行ったりして遊ばせるのが一番。

幼稚園から帰ったら天気のいい日なんかは必ず外で遊ばせてから家に帰るようにしました。

また、私の住んでいる町には、自宅からだと車で行かないとちょっと遠いところになってしまいますが、屋内でも遊具があって子供が遊べる施設があるため、雨の日はそこに連れて行くようにしました。

こういった形で少しでも運動して疲れさせるようにしましたが、あまり疲れすぎると帰宅後の夕食の支度をしている際に子供が一人勝手に居眠りしてしまい、結局夜眠れなくなるという事態に陥ることから、幼稚園に通わせている間に夕ご飯の支度を済ませておいて、公園から帰ったらすぐにご飯を出せるようにしました。

居眠りの隙も与えず、ご飯を食べたらお風呂に入ると、少しだけ目が覚めるようで、入浴後1時間くらいは元気にしていますが、その後は直ぐ眠くなるのか、今では20時には布団に入り、21時までには寝付くようになりました。

先輩ママhan-さん宅ケース・・・

iPadに夢中。癇癪持ちの夜型2歳児

長男は現在2歳になりました。

一日中ちょこまか動き回るのが大好きでパワフルな典型的2歳男児といった感じです。

夜はなるべく早く寝て欲しいので6時ぐらいには夕食を食べさせて、お風呂に入れてパジャマに着替えさせてテレビをあまり見せないようにしています。

そうすることでおやすみモードになってくれることを願っているのです。

ですが現実は、全くこちらの希望通りにはいきません。

長男はパジャマに着替えてからが本領発揮といったかんじでiPadで動画を観たり、iPadのゲームをしたりずっと何かしら遊んでいます。

2歳にしてしっかり夜型タイプになってしまったようです。

寝るのはだいたい午前1時から2時の間。

まぁまぁ早く寝かせ付けることに成功しても、それでも11時以降です。

私はなんとか早く寝かせつけたいと思いiPadを取りあげるのですが、そうするとものすごい勢いで泣きわめきます。

体力は有り余っているので鳴き声もすごく、耳をつんざくような音響なので私のイライラもマックスになります。

長男はもともと癇癪持ちのようなところがありましたが2歳になった途端に、さらに自分の思い通りにならないと物を投げたり、母親の私を叩こうとしたりするようになりそれだけでもかなり困っています。

体力回復スピード半端ない魔の2歳児

魔の2歳児という年齢であることと、この夜中までずっと起きて遊んでいることが関連性があるかどうかはわかりません。

やっぱり男の子ということもあり、体力がものすごく有り余っているのが原因だと踏んでいます。

昼間に公園で思いっきり体を動かさせて疲れさせるということを試していますが、なぜか夜23時過ぎになるとエネルギーを回復してしまっています。

子供の成長とともに早く就寝のリズムが整ってくれることを期待しています。

現在私は二人目の子供を妊娠中ですが、長男が遅くとも21時ぐらいまでに寝てくれるという習慣が私の出産までになんとか身について欲しいと心から願っているところです。

先輩ママkei-さん宅ケース・・・

体力が余ってるから?

子供が3歳の頃、22時半頃就寝していました。

現在6歳で21時就寝してます。

3歳までは就寝時間22時半、起床時間は、平日6時、休日8時です。

22時半頃、寝ていた時は夫の帰りが22時頃。

それまでずっとテレビやDVD、Amazonプライムを観たり、絵本を読んだり、レゴで遊んだりしながらパパの帰りを待っていました。

主人が帰宅すると更に興奮するので、結局22時半頃の就寝になってしまいます。

3歳まで幼稚園へ通っておらず昼間は児童館や公園に少し遊びに行く程度だったので体力が有り余ってることが大きな原因になっているなと感じていました。

体操クラブなど、何かスポーツを始めるのは良いのかもしれませんが、幼稚園入学時にお金がかかるので、なるべく自宅で出来ることを考えていました。

プレ幼稚園の効果

22時半の就寝は3歳児には遅いので、早く寝させるために試したことは早起きです。

朝5時半に起きて活動することにしました。

そして昼寝しないようにし、なるべく親子で参加できるイベントに参加していました。

プレ幼稚園へ通うようになってから体力も消耗し、昼寝の時間も少しずつ減ってきたので良い傾向だと感じるようになり、昼間はなるべく活動的に過ごすようにしました。

プレ幼稚園が始まってから夜も22時半に就寝から21時就寝へと変わりました。

早寝早起きするようになり、子供も元気にプレ幼稚園へ通い、食事もバランスよく食べているので安心しています。

昼間は幼稚園内で活発に活動しているようで、夜もぐっすり寝れるようになり生活のリズムが以前と比べて変化したと感じてます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)