育児つらい!原因は?たった2つの心掛けで辛さから解放された

現在6歳7ヵ月の息子、4歳2ヵ月の娘、1歳10ヵ月の息子がいるシングルマザーです。

3人の子連れ専業主婦が離婚!養育費は?離婚前に準備したこと

2019年3月4日

出産前の私は、

「子育ては幸せでたまらないんだろう。」

と思っていましたが、実際に子育てしてみると、そうではありませんでした。

1人目を出産した時は、夫の実家に完全同居で生活していたので、思うように行かない事も多く、理想と現実の差に苦しみました。

自分自身で感情がコントロールできなくなって、1日中ポロポロ泣き続けていた日、消えてしまいたいと思うような日もありました。

子育てが辛くなったり、苦しくなったりしているお母さんたちに、少しでも救いになれたら…と私の体験記をまとめました。

なぜ子育てが辛くなるの?原因はたくさんあった!

初めての子育てとワンオペ育児

子供が生まれる前は、とにかく可愛い!と思っていたけれど、実際に子育てしてみると、可愛いだけではないのが赤ちゃんなんですよね。

  • なんで泣いているのか分からない
  • 夜泣きがひどい
  • 離乳食を食べてくれない
  • 片時も離れなれない

などなど、子育ては毎日が未知との遭遇で、大変なことが山のようにあるという現実が辛く感じてしまう事もありました。

それに加えて夫の帰りが遅く、子育てはほぼ一人でやらなければならず、成長を一緒に見て喜ぶ事も少なかったり、

「全て一人でやらなければ」

という状態が辛くなっていったんです。

不完全燃焼な日々

母親になってから、生活の全てが子供中心の生活に。

食事がまともに取れなかったり、トイレも行けないくらい大泣きしていたり、まとめてぐっすり眠る事もできなくなります。

さらに、義母の私を監視しているような発言や態度に行動が制限され、自分だけの時間はほぼ皆無。

義理実家で同居!頼れない夫…我慢の限界、1年未満でギブ?

2019年3月25日

好きなことを好きなタイミングでやりきった!という達成感を味わう事も少なっていきました。

なんとなくモヤモヤする気持ちが湧いてきてしまったんです。

金銭的余裕のなさ

夫の給料は特別に少なかったわけではありませんが、借金があったため返済に追われていました。

節約すれば普通の生活はできましたが、服を買ったり、気軽に外食へ行けるわけではなく、いつもお金のことばかり考えて生活していました。

そんな生活に少しずつ不満が溜まっていきました。

そんな私とは裏腹に、気軽に

「クレジットカード切ればいいじゃん」

と言う夫にも、不満が募っていきました。

こころの余裕のなさ

「子育てが楽しい!幸せ!」

と言う気持ちよりも、不安や不満が溜まるようになっていました。

家族から向けられる期待や、子育て方針の押し付けに悩み、性格の全く合わない義母からの嫌味にどんどん心の余裕は減っていくばかり。

いつも何かに追われているような感覚で、プレッシャーや責任感に押しつぶされそうでした。

夫の協力のなさ

夫はとても優しい人でした。

同居する義母にも、妻である私にも、生まれてきた我が子にも。

それでも、夫が一番優しくしていたのは「夫自身」だったんです。

自分が一番したいこと以外はしたくない人で、気分が乗らない時は子育てには一切関与せず、ゲームやテレビ、お酒やギャンブル、趣味に没頭していました。

夫本人は

「俺は子育てに積極的に参加している!」

と思い込み、義母も

「イクメンだね〜」

と褒めてばかりで、なんの注意も改善もありませんでした。

頼れる、相談できる人がいない

近所に友人が住んでいるわけでもなく、両親ともなかなか連絡がつかない。

新しい土地で友達ができる事もなく、近所づきあいも苦手な私には、相談できる相手がいませんでした。

悩んだり、困っても誰にも頼れなかったんです。

夫や義母には、まともに悩みや相談を聞いてもらえず、家族であるはずなのに、心は離れていくばかりで、ひとりぼっちな気がしていました。

逃げたいけど逃げられない!私の解消法

子育てがどうしても辛く感じるようになってしまった私は、思い切って

「実家に泊まりで遊びに行かせてください」

と頼み1泊2日で帰省しました。

実家に帰ったことで、気を張ることが減ったり、少しだけ子供を預けてカフェに行ったりして気分転換させてもらいました。

少し子供と離れると、

「辛い」「逃げたい」

などの感情はスッと消えて、離れている我が子のことばかり考えていたんです。

カフェで雑誌を読みながらゆっくりコーヒーを飲むはずが、育児本を読んでいたり、子供の写真を眺めていたり。

離れることで本来自分が抱いている子供への愛情に気づき、その気づきと同時に、自分が悩んでいること、「逃げたい」は子育てが辛いだけじゃないと言う本当の原因に気づくことができました。

辛くならないために

大変だと思うことは毎日たくさんあります。

子供が増え、シングルマザーになった今、もちろん大変なことはたくさんあります。

3人の子連れ専業主婦が離婚!養育費は?離婚前に準備したこと

2019年3月4日

それでも、辛い・逃げたいと思うほどまで追い込まれることはなくなりました。

  • 頑張りすぎることを辞める
  • 完璧であろうとしない

私はこの2つで少しだけ辛さから解放されました。

適度な息抜きや、手抜きも必要だと感じるようになったんです。

理想は全て完璧にできるママであることでした。

でも、自分のキャパと見合わないことを無理矢理続けていくと、知らず知らずのうちち負荷がかかりすぎて辛くなってしまいます。

まず、自分が笑顔でいられるような生活を心がけることで、「辛い」を回避できるようになりました。

少しでいいから一人の時間を確保したり、好きなことをする時間を作ってみてください。

完璧なママには程遠いけれど、笑顔いっぱいのママでいられるように、

「私は私」

でこれからも子育てをしていきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

3人の子供を育てるシングルマザーです。 のんびり楽しく!をモットーに子育てに励みながら、web記事作成のお仕事をさせていただいております。