どうする?子連れでの引っ越し!幼稚園、小学校への確認事項は?

春。

子供がいるご家庭は、入園入学準備や進級準備で慌ただしくなりますね。

我が家は2年前、「引っ越し」と「息子の幼稚園入園」と「娘の小学校入学」が重なりてんてこ舞いになりました。

引っ越しが決まったのは1月(当時住んでいた場所での入学、入園準備をすでに進めていた時期)、引っ越し先は直線距離で700キロ離れた場所、ということもあり準備がとても大変でした。

そんな中で、それぞれの準備をどのように進めていったのかをご紹介します。

引っ越し先の検討

まずは引っ越し先の検討です。

子供のことを考えると日々の利便性だけでなく、幼稚園や小学校、小児科の場所など考慮しないといけないことが沢山あります。

夫の希望で最寄り駅は決まりましたが、特に公立の小学校は道を挟んだだけで別の校区になったりするので、住居を決める際はとても悩みました。

引っ越し先が遠方だったため、地域の情報はネットに頼るしかありませんでしたが、可能な限り情報を集めて少しずつ選択範囲を狭めていくことにしました。

我が家の場合は子供の性格を考えて、規模が標準(1学年に2クラス~4クラス)の小学校にしようと決めました。

幼稚園はバス通園の選択肢もありましたが、徒歩で送り迎えができる方が息子の様子を知る機会が多いと思い、息子に合いそうな幼稚園が徒歩圏内であることも条件にしました。

病院は駅周辺に沢山ありましたし、少し離れているけど広い駐車場がある小児科があることも分かりました。

こうして希望の範囲が決まったので、その中でちょうど良い間取りと家賃の物件を探し、決定しました。

ちなみに春は引っ越し業者の繁忙期でもあります。

引っ越し業者の予約が遅くなってしまうと、希望の日に引っ越し作業ができなくなることもあります。

引っ越し先の最寄り駅が決まったあたりから、引っ越し業者への連絡も並行して進められると安心です。

幼稚園に確認したこと

希望の幼稚園を決めても、人気の幼稚園で定員がいっぱい、ということもあると思い、早速電話してみました。

入園願書の提出日はとうに過ぎていましたが、状況をお話すると入園できますとのことでした。

電話での印象もとても良かったので、そのまま入園したい旨をお伝えし、そこからいよいよ入園に向けての準備スタートです。
(引っ越しがなければ通う予定だった幼稚園へ払った入園金は返ってきませんでしたが、それはしょうがないと諦めます。)

幼稚園でしっかり確認したことは、持ち物と春のスケジュールです。

水筒一つとっても、幼稚園によって

「保冷タイプ」が良いのか

「直飲みタイプ」が良いのか

「コップに注ぐタイプ」が良いのか…様々です。

キャラクターのグッズが禁止の幼稚園や袋物を手作りしないといけない幼稚園もあるので注意事項をよく聞きました。

そして持ち物一つ一つに名前も書かないといけないので、なるべく早くそろえるようにしました。

また、幼稚園では入園式の他にも保護者が参加する行事が多いです。

幼稚園の様子も見られる機会はなるべく参加したかったので、あらかじめ春の行事のスケジュールを確認しておきました。

分からないことは何度でも確認してクリアにしておいた方が、安心して入園式を迎えられると思います。

ただ、これからお世話になる幼稚園で印象が悪くなるのは避けたかったので、なるべくご迷惑がかからないよう、幼稚園に電話をする場合は保育時間が終わった夕方にするようにしていました。

小学校に確認したこと

小学校でも持ち物の確認は大切です。

引っ越さなければ通っていたはずの小学校で必要なものをそろえ始めていましたが、要るもの・要らないものがやはり違いました。

幼稚園同様、基本は電話でやり取りをして分からないことを聞いていましたが、入学説明会で配ったというプリント類を自宅に送っていただいたので、準備がしやすかったです。

そして我が家が一番気になっていたのは通学班があるかどうかでした。

土地勘がない場所なので慣れるまでの通学がとても心配でした。

通学班があれば、高学年のお兄さん、お姉さんが一緒で安心だったのですが、残念ながら引っ越し先の小学校にはありませんでした。

慣れるまで保護者が付いていけば良いのですが、幼稚園の送迎の時間と重なってしまい、それも難しかったです。

このような状況だったので通学路は事前にしっかり確認しました。

結局、お隣に住んでいた高学年のお兄さんが慣れるまで一緒に登校してくれ、お友達が出来てからはお友達と登校しています。

引っ越し前に学校の先生との電話で

「知り合いを作って情報交換するのが一番です」

と言われた時は

「それができたら苦労はない」

と内心憤っていましたが、まさにその通りでした。

小学校は幼稚園に比べて保護者が顔を合わせる機会が少ないですが、何とかお話できる方を作れると、親子ともども安心して小学校生活を送ることができると思います。

さいごに

4月頭に引っ越しを終えたので慌ただしかったですが、無事に入園式・入学式を迎えることができ、現在も楽しく通園・通学しています。

転勤族のご家庭では我が家と同じような状況になる方も沢山いらっしゃると思います。

初めての入園・入学が重なると心配も多いですが、子供が安心できるように準備を進められると良いですね。

しかし、子供の順応性は素晴らしいし、「住めば都」という言葉もありますので、きっとなんとかなりますよ!

我が家の体験はほんの一例ですが、少しでもお役に立てば嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)