妊娠初期にお酒を飲んでしまった!?赤ちゃんは平気?

お酒が大好きな人は、普段から旦那さんと晩酌することもあると思います。
でも、ある日妊娠が発覚!
そうなると、お腹の赤ちゃんは平気か心配になります。

この記事では妊娠初期のお酒が赤ちゃんに及ぼす影響や、どうやったらお酒を我慢できるのかなどをお話します。

妊娠してからお酒を飲んでも大丈夫?

基本的に、妊婦がお酒を飲むのはダメです。

それというのも、お腹の中の赤ちゃんが胎児性アルコール症候群になってしまう恐れがあるためです。
具体的には、赤ちゃんの体重がなかなか増えなかったり、脳に障害を負ってしまう、奇形になるといった恐れがあります。
最悪、赤ちゃんが死んでしまうケースもあるそうです。
胎児性アルコール症候群の治療法はありません。
断酒によって、赤ちゃんを守りましょう。

とはいえ、妊娠の始まりに気づくまではお酒を飲んでしまったという人もたくさんいると思います。
妊娠初期にお酒を飲むと、どんな影響があるのでしょうか?

妊娠超初期に飲んだお酒は赤ちゃんにどんな影響を及ぼすの?

実は妊娠初期の前に妊娠超初期という時期があるのをご存知でしたか?
妊娠超初期とは、卵子が着床してから次の生理が来るまでの1~3週目までの時期です。
予め妊活をしていた人ならともかく、そうでない人ならお酒を飲んでいたとしてもおかしくありません。

妊娠超初期の飲酒が赤ちゃんに及ぼす影響は、ほぼないといわれています。
それというのも、卵子が着床していないので、胎児の器官がまだ形成されていないからです。
そのため、大量のお酒を毎日がぶ飲みしていない限りは大丈夫でしょう。

妊娠初期にお酒を飲んでも大丈夫?

お酒好きな人は「妊娠超初期にお酒を飲んでいても大丈夫なら、妊娠初期に飲んでも大丈夫だよね!」という期待を抱かれるかもしれません。
でも、妊娠初期の飲酒はNGです。
なぜなら、赤ちゃんの器官が作られてくるからです。

「えっ、私は妊娠に気づくのが遅かったから、妊娠初期もお酒を飲んでしまった!」という人もいるかもしれません。
でも、そこまで心配し過ぎることはありません。
お医者さんによると、「妊娠に気づいた時点でお酒を止めれば大丈夫」だそうです。
もちろん、だからといって妊娠初期にお酒を飲んでも問題ないということではありませんが。

必要以上に心配し過ぎることは自分にとってストレスとなるだけではなく、お腹の赤ちゃんにとっても悪影響を及ぼします。
例えば、ストレスがあると血管が委縮してしまい、血液の流れが悪くなりますよね。
そうすると、お腹の赤ちゃんに栄養が行きわたりにくくなり、赤ちゃんの体重が増えにくくなることに繋がります。
妊娠初期にお酒を飲んでしまったことが心配な人は、お医者さんに尋ねて「大丈夫」という安心感をもらいましょう。

どうやって断酒したらいいの?

妊娠したからといって、大好きなお酒を我慢するというのは大変ですよね。
私もお酒好きなので、そのお気持ちは非常によく分かります。
断酒する方法には色々なものがあると思います。
あくまでも私の場合ですが、発想を変えて「ノンアルコール飲料を楽しむことにしよう!」という機会にすることにしました。

以下では、実際に私が試してみたノンアルコール飲料をご紹介します。

①定番!ノンアルコール飲料

まず、定番のノンアルコール飲料を飲んでみました。
有名どころですと、「のんある気分」、「ゼロカク」、「酔わないウメッシュ」などは一通り試しました。
私は甘めのカクテルやチューハイが好きということもあり、結構楽しめました。

ノンアルコール飲料はスーパーでも売っていますが、赤ちゃん本舗などのマタニティグッズを扱っているお店で買うのをお勧めします。
ノンアルコールのスパーリングワインなど、赤ちゃん本舗のほうがスーパーよりも色々な種類が売ってあるためです。

②飲む点滴!甘酒

とはいえ、定番のノンアルコール飲料ばかりだと飽きると思います。
そんなときには、酒蔵で作った麹による甘酒をお勧めします。
甘酒は「飲む点滴」、「お米のヨーグルト」と呼ばれるほど、栄養がたくさん含まれています。

唯一の欠点はカロリーが高いこと。
甘酒100gあたり、81kcalです。
そのため、甘酒は美味しいですけどハマりすぎには注意です。

③贅沢なノンアルコール!その名も「妖精たちの宴」

「お酒と比べると、ノンアルコール飲料は安い…」、「夫は飲み会でお金をたくさん使うのに、不公平だ…」
そんなことを感じたことはありませんか?
そんなときにお勧めの高級ノンアルコール飲料、それが「妖精たちの宴」です。

妖精たちの宴は、岡山の蒜山で作られている山ぶどう100%のノンアルコールワインです。
お値段は何と、720mlで3,000円!
ボトルも高級感があるので、ぜひオシャレなワイングラスで飲んでみてください。

山ぶどうは普通のぶどうと比べ、鉄分やカルシウムが7倍も含まれています。
カロリーはぶどうよりも30%低いのも嬉しいところ。
ちょっとでも体にいいものを取りたい妊婦さんにはうってつけです。

まとめ

妊娠に気づくのが遅れて妊娠初期にお酒を飲んでいたとしても、あまり心配し過ぎないでください。
妊娠に気づいた時点でお酒を止めれば大丈夫!

お酒を我慢し続けるのは大変だと思います。
ノンアルコール飲料を楽しむ機会だと思って、色々なノンアル飲料を試してみてください。

安心安全な天然水を大分・日田からお届けします

コメントを残す