「お前も俺くらい稼いで来い」専業主婦の葛藤。収入がない事で蔑まれる日々

私は結婚をする前から子供が産まれたら専業主婦になりたいと思っていました。

子供を出来る限り自分の手元で育てたいと思っていたのです。

私自身母にそうやって育ててもらいました。

しかし、仕事をしていない事で感じる劣等感や罪悪感。

家の事、子育てのすべてを私はしているのに結局働いていないというだけで蔑まれてきました。

私の中にも生活させてもらっているという感情がどこかにあったのかもしれません。

妊娠を機に専業主婦に

私は結婚するまでは販売員をしていて仕事は好きでした。

しかし結婚を機に旦那の仕事場の近くに引っ越し距離も遠くなり妊娠するとなかなか続けることが難しいという点から結婚し妊娠が発覚した時に仕事を退職しました。

以前から私は子供が産まれたら出来る限り子供を手元で育てたいという気持ちがあり旦那も私の気持ちを尊重してくれて専業主婦になります。

私自身幼い頃は母が専業主婦で母親が家にいるのは当たり前の生活をしていました。

一人暮らしをしたことのなかった私はそれで生活が出来ると思っていたのです。

子供は産まれて

結婚してすぐに妊娠した私は予定日を少し過ぎた頃元気な女の子を出産しました。

その後1か月の里帰りを終え自宅に帰り家族3人の生活が始まります。

しかし子供が産まれてからというもの思った以上に出費が多く生活費が足りない事が多々ありました。

子供を保育園に入れようにも就職先の決まっていない私は点数が低く保育園に入れるのはほぼ不可能な地域。

私は独身時代の貯金を切り崩し生活費に充てなんとか生活していました。

そうするしか生活する事ができなかったので仕方ありません。

私はこのまま専業主婦をしていていいのか悩みましたが結局保育園に入れる事が出来なければ専業主婦を続けるしかないのです。

私は結婚した時の自分の考えが甘かった事を思い知りました。

夫婦喧嘩はお金の事ばかり

どんなに節約してもお金は足りません。

しかし旦那は休日になれば外食に行きたがり私が「そんな余裕ないよ」というと機嫌が悪くなります。

旦那から言わせれば

「休日くらい好きな物を食べに出たい」

私から言わせれば

「そんな贅沢は出来ない」

そんな些細なお互いの言い分の違いで喧嘩になります。

しかし旦那が結局口にするのは

「稼いできているのは俺だ」
「そんな事(外食)も出来ないならお前も俺くらい稼いで来い」

それから売り言葉に買い言葉で常にお金の事で喧嘩になっていました。

私たち夫婦の関係は悪くなる一方です。

稼ぐってそんなに偉い事なの?

お金での喧嘩が増え夫婦の関係はどんどん悪くなりました。

旦那は家にいても子供とは一切遊ばずにゲームかスマホかテレビ。

お互い話もせずにいる家の雰囲気は最悪です。

そのうち旦那は休みの日にパチンコに行くようになりました。

私はパチンコに行かれるのは嫌だけど旦那が家にいない事に少しホッとしていました。

しかし休みの日に毎回行くのはあまりよくないと思い月に2回と約束をする事に。

初めはその約束を守っていた旦那もどんどん守らなくなっていきます。

私が

「2回って約束したよね?」

と言っても

「家にいても楽しくない」
「休みの日くらい好きな事したい」

と言って出ていきます。

私は喧嘩をするのも面倒に感じそのまま行かせるようにしました。

考え方の違いに違和感を覚える日々

仕事していて疲れて休日にゆっくりしたい気持ちはわかります。

しかし毎回休日に子供と会話もせずに自分の好きな事ばかりしているのは違うと感じ始めました。

仕事以外の時間は自分の時間にしたいのであれば結婚なんてしなくていいのではないかと思うようになったのです。

旦那はなぜ私と結婚したのか・・・。

私は旦那の家政婦になっていたのです。

子供だって2人の子のはずなのに

「俺は稼いできているから」

と何もしない。

そんなのは夫婦と言えないと思いました。

この時期に私は2人の考え方がまったく違うと感じ始めました。

しかし、私自身どこかで「生活させてもらっている」という考えが抜けきれず私たち夫婦の関係をどうしていけばいいのか悩む日々が続きます。

専業主婦で生活するという事

世の中の専業主婦の割合は24%と年々低くなっているようです。

理由はさまざまあるようですが専業主婦をしている主婦の方は少なからず「罪悪感」を持って生活しているそうです。

しかし逆に仕事だけしていて家事育児を何もしていない人はしていない事に対して罪悪感を持っているかと言えばそうではありません。

むしろ仕事をしているというだけで優劣の「優」の位置にいると思っている方が多いのです。

もちろん一家の大黒柱として嫁、子供の生活を支えるという事は責任やプレッシャーもあると思います。

私自身誰かの生活を支えなければいけない状況で仕事をしたことはありません。

そのプレッシャーがわからないと言われればそうかもしれません。

しかしその立場にいるからと言って子供とも関わり家族との関わりを蔑ろにしては家族としている意味がないと私は思います。

私は今細やかながらも書き手としての収入を得るようになりました。

もちろん旦那の収入には届きません。

それでも私はこの家族との生活を守るため家の事、子供の事も必死でやっています。

家計を支える事が出来るくらいの収入を得る事が出来なければ私は一生肩身の狭い思いをしながら生きていかなければならないのでしょうか。

未だに私は葛藤を抱えています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)