療育は行くべき?悩んだ末、子供3歳から療育へ通った感想

日常の中で子どもの成長を感じた時は、私たち親にとって本当に嬉しい瞬間ですよね。

ですが、子どもの成長は個人差があり、皆同じとは限りません。

比べることは良くないとは分かっていても、やはり色々と悩むのが親というものだと思います。

かく言う私も、子どもの成長に悩み、「療育」というサポートを3歳から開始し、今現在も継続して利用しています。

療育とは?

もうご存知という方もいらっしゃるかもしれませんが、簡単に説明させてください。

療育を平たくいうと、

「障害のあるお子さんが社会的に自立できるよう、専門家が治療や教育をすること」

をいいます。

障害というと重いものを想像してしまうかもしれませんが、一概にはいえないほど幅広く、言葉や身体機能などの発達に遅れなどがみられるお子さんが対象となります。

療育の最大のメリットは、専門家が子ども1人1人の状況を見て、その子にあった個別の教育支援計画を作成してくれる点です。

さらに、親目線からの悩みや意向も汲んで計画を立ててくれるので、親子共にサポートしてもらえます。

このように親と専門家が共に継続的にサポートをすることで、次第に生活への不自由をなくすことが出来ると考えてられています。

また、適切な療育を早い段階で受けることで、改善できる確率が上がるというのも大きな特徴です。

地域によって違いはあるかもしれませんが、ここ数年で利用者が増えているようです。

私の住んでいる市でも、今現在すぐには利用できない状況となっています。

療育に通うようになった我が子について

療育に通っているのは二女です。

二女は妊娠から出産までトラブルなく、元気に大きく生まれました。

首がすわるのも、おすわり、歩くのも、平均的でした。

ただ、1歳2~3ヶ月頃から

「ワンワン、美味しい、出来た」

などの単語が出てきましたが、長女と比べても数は少なかったです。

ですが、まだ1歳なので大丈夫だと思っていました。

療育を意識した時期ときっかけ

私が療育を意識し始めたのは2歳頃でした。

この頃、単語の数は増えるものの、二語文が言えず言語の発達を心配していました。

それから2ヶ月後の2歳2ヶ月頃に2歳児健診検査がありましたが、やはりなかなか答えられず・・・。

そんな中、周りの子どもの中にはしっかり答えられている子もいて、より気になるようになりました。

この健診の際、この頃の子どもの発達は個人差が大きいので、しばらく様子を見てみるのもアリだと言われました。

でも後々も気になるようならば検査などを行いましょう、という事で落ち着きました。

実際に療育に通うのを決めた理由と実際に通った感想

2歳健診後、時間を作って絵本を読んだり、私自身独り言のように言葉を口に出したりして、二女の耳に少しでも言葉が届くようにしました。

そうやって過ごしている頃、なんと三人目の妊娠が発覚しました。

予定外の妊娠だったのでただただビックリしましたが、順調に妊婦生活が送れるかも分からないし、三人目が生まれた後バタバタして二女に時間を作ってあげられるのかと不安を覚えました。

そういったことから主人とも話し、産後バタバタしてから療育へ通うよりも早めに動いた方が良いという結論に至りました。

早速、保健センターに問い合わせをしてを検査し、その結果やはり発達の遅れが目立つので、療育へ通う方が良いという判断となりました。

しかし、予想外に入所希望の順番待ちが多く、数ヵ月待機する形になりました。

本当に早めに手続きしていて良かったです。

実際に療育に通ってみて、率直に良かったと思いました。

二女は幼稚園にも通っていませんでしたし、週に1度の療育を楽しんでいました。

また、私も一緒に学習内容を毎回見ていますが、楽しみながら学べるようにと専門家の方の工夫を知ることができ、子育てのヒントももらえたように思います。

それに集団学習では同じような悩みを持つママさん達と顔を会わすようになり、世間話や相談をしたり、とても楽しい時間を過ごせました。

それと、自治体により違いがあるかもしれませんが、市役所等で手続きすることで費用は一切掛からず利用できます。

実際に通ってみて、ここまでサポートしてもらえて大変有り難いと実感しました。

今現在通うべきか悩んでいる方へ

療育を受けるか受けないか、これは親の考え方が大きく関わってくると思います。

というのも、発達の遅れを指摘されて、保健師また保育園や幼稚園の先生に反発し、拒否する方もいます。

受け入れる体制であった私でさえ、いざ結果を知るとやはり悩み落ち込みました。

自分の育児が間違っていたのかと思ってしまったり、発達のハンデを認めてしまうことで子どもを否定してしまうことにならないかと思いました。

またこんな状況で、はたして三人も子どもを育てられるのかと不安になったり・・・。

しかしこのまま何もせず、発達のハンデを持ったまま小学校に進むとどうなるだろうと想像しました。

二女は言語の不安があったので、学習に遅れが出てしまうと思いました。

それに、友達ともうまくコミュニケーションが取れず、楽しく学校生活が送れなくなるのでは、とも思いました。

最終的には、二女のこれから続く長い人生を楽しく、一人でもしっかりと生きていける様に、今から出来ることを前向きにサポートしていこうと思うようになりました。

記事を読んでくださっている皆さんの中で療育を利用しようかと考えている方がいらっしゃるなら、マイナスなイメージをひとまず置いて、一歩踏み出してみてみませんか?

極端なことをいいますが、

「合わなかったら辞めれば良い」

というスタンスで良いと思います。

やってみないと分からないので。

私の勝手な思いですが、親が新たな道を作ることで、お子さんの発達を促すチャンスを得られると信じています。

一人で悩まずに、第三者の力を借りながら一緒に育児をしてみませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)