子供がADHDかも?ADHDの特徴や診断方法、幼稚園や小学校選びのコツを紹介

発達障害という言葉が広く知られるようになり、発達障害のひとつであるADHDもしばしば耳にするようになりました。

また

「うちの子はADHDかも」

と不安に思う親御さんも増えています。

この記事ではADHDの特徴や診断方法、幼稚園選びや小学校就学時のポイントを紹介します。

ADHDの原因と特徴

ADHDは日本語で

「注意欠陥多動性障害」

といいます。

発達障害のひとつで、脳の機能が本来とは違った働きをすることで起こります。

脳の機能の問題なので完治させることは難しいのが現状です。

ADHDの特徴は

「注意力がない」

「落ち着きがなく集中力がない」

「衝動を抑えられない」

の3つです。

この3つの特徴は多かれ少なかれ誰にでもある特徴です。

しかし、ADHDと診断される子は特徴が原因で日常生活や集団生活に支障が出てしまいます。

集団生活が送れなかったり、勉強や仕事が思うように進まなくて本人が困難さを抱えてしまうのです。

子供によっては、ひとつの特徴だけが強く出ることもあれば、全ての特徴が強く出る子もいます。

一口にADHDと言っても度合いは子供によって様々。

それぞれに合った対応が必要になります。

ADHDの子が困ること

ADHDの子は持っている特性が原因で次のような行動や様子がしばしば見られます。

  • 注意力がなくて交通事故に遭いやすかったり、ケガをしやすい
  • 集中力がなくてボーッとしてしまい、先生の話を聞けない
  • 授業中に座っていられなくてウロウロしてしまう
  • 忘れ物が多い
  • 感情コントロールが苦手で癇癪を起こしやすく、ケンカが多い
  • 考えて行動するのが苦手で、衝動的な行動を止められない

大人しくて目立たないために障害に気付かれにくい子と、周囲から叱責される行動を取り続けてしまう子がいます。

両極端に見えますが同じADHDの症状です。

ADHDの子は紹介したような行動のせいで

「勉強ができない」

「癇癪をよく起こすので友達関係がうまくいかない」

「忘れ物などのせいで叱責されることが多い」

というマイナスの状況に陥りやすくなります。

ADHDと気付かず

「怠けている」

「自己中心的で自分勝手な性格」

と決めつけて叱責してしまうと自己肯定感が育たず

「僕は生きていても仕方がない」

「誰も私を理解してくれない」

と考えてしまい、問題行動を起こしやすくなります。

ADHDの特性がある子には、その子に合ったサポートと環境を整える必要があります。

ADHDの診断方法

「ADHDかな?」

と不安になると、早く診断してもらいたい!と思いますよね。

しかし、就学前の子供は心や体の発達の個人差が大きく、心配しないといけない遅れなのか、自然に追いつく遅れなのか区別がつけられません。

このため、多くの場合、専門家のアドバイスをもらおうとしても

「3歳くらいまでは様子を見ましょう」と言われます。

ADHDなどの発達障害は、本人と検査員の二人で行う発達検査や知能検査の結果を利用して診断しますから、幼すぎると本人が質問に答えることができず、検査を行えません。

歯がゆく感じますが、診断できる年齢まで成長を見守っていきましょう。

なお、ADHDは次のような情報を総合的にみて診断されます。

  • 新生児からの成長の様子(首すわりやハイハイ、歩いた時期や喃語を言い始めた時期など)
  • 発達検査や知能検査の結果
  • 医師と子供の会話の内容
  • 子供が遊んでいる様子や他者との関わり方(行動や言動を医師がチェックする)
  • 集団の中での行動(保育士や幼稚園の先生などの意見)

一度の診察でADHDと断定されることは少なく、通院して何度も診察を受けた後で診断されることになります。

また、一般的な小児科では診断してもらえないので小児神経科医が居る病院を探してください。かかりつけの小児科医に紹介状を書いてもらった方がスムーズに通院できますよ。

ご自分で病院を探す時は一般社団法人 日本小児神経学会のHPが便利です。

全国の小児神経科医の名前や発達に関する相談・療育を受けられる施設が紹介されていますから参考にしてください。

<一般社団法人 日本小児神経学会>https://www.childneuro.jp/

ADHDの対処法は3つある

ADHDと診断されても、落ち込む必要はありません。

お子さんの特性に合った対処法を取っていけば子供が困ることをある程度、回避することができます。

ADHDの子の対処法は主に3つ。

医師や療育を手伝ってくださる方々と共に次の3つの方法で対処していきましょう。

薬を服用する

子供に薬を飲ませることに抵抗がある親御さんもいるかもしれません。

しかし、ADHDの特性である集中力のなさや注意力のなさ、落ち着きのなさはコンサータやストラテラといった薬を服用することで抑えることができます。

薬を服用した8割以上の人に効果が見られ、副作用も少ないことが分かっています。

薬の種類は子供によって合う・合わないがあり、また服用する量も調整する必要があるので、必ず親御さんが子供の様子をチェックして医師と相談するようにしてください。

環境を整える

ADHDの子は多動だったり、注意力がない、癇癪を起こすといった特徴があります。

こうした特性は集団生活が始まると困難さに繋がりやすくなります。

このため、集団生活では困りごとをサポートしてくれる人が側につくのがベストです。

困りごとに直面した時にその場で適切なアドバイスをもらうと、ADHDの子も自分の特性を理解し、対処法や集団の中での適切な言動を学びやすくなります。

視力が悪い人が自分の視力を把握してメガネを使用するように、ADHDの子も自分の困りごとがなにかを把握し、それをサポートする手段を身に付ける必要があります。

そのような環境を親御さんが作って対応していきましょう。

適切な行動を教え、ソーシャルスキルトレーニングを行う

ADHDの子には癇癪を起こしやすいとか、衝動を抑えられないという特徴があります。

これらをコントロールし、人と良好な関係を築く方法を学ぶソーシャルスキルトレーニングも大切です。

癇癪を抑えるために感情のコントロール方法を覚えたり、人との適切な関係作りを覚えるために具体的な状況を具体的に想定して

「どんな行動を取るのがいいのだろう?」

と考えるトレーニングを繰り返しましょう。

療育施設や病院の子供向けリハビリセンターなどで臨床心理士や言語聴覚士などの指導を受けながら、少人数のクラスで実践しつつ学んでいくのが理想です。

ADHDかも!と思った時にやること

もし

「子供がADHDかも!」

と思ったり、発達に不安を覚えたり、育児の難しさを強く感じる時は、まず、自治体の窓口を探してください。

多くの自治体に発達支援センターや子供発達センターなど、子供の発達について相談できる窓口があります。

自治体の窓口に連絡すると、保健師や臨床心理士、心理相談員、小児神経科医といった専門家と話をすることができます。

多くの場合、無料か非常に安価な値段で何度でも相談できるのでお勧めです。

また、こうした自治体の相談窓口に連絡すると、自治体が運営する療育施設を利用できることがあります。

民間の療育施設を利用すると月に1~2万円の料金を支払わなければなりませんが、自治体の療育施設の場合は無料か安価な値段で通うことができますよ。

大抵が就学前の子供を対象とした施設なので、早めに相談して利用を検討してみてください。

自治体以外の相談先としては、小児神経科医や民間の療育施設が挙げられます。

民間の療育施設は「発達障害 塾」とネットを検索すれば多くの施設が出てきます。

LITALICO(リタリコ)さくらんぼ教室は有名です。

また、四谷学院の療育プログラムもよく知られています。

さらに家庭での療育もお勧めです。

発達障害に関する書籍は数多く発行されています。

大抵、自治体の図書館で借りることができますから何冊か読んでみて自分に合うものを生活に取り入れてみてください。

有名な療育施設

<株式会社LITALICO> http://litalico.co.jp/
<さくらんぼ教室> https://www.sakuranbo-class.com/
<四谷学院> https://yotsuyagakuin-ryoiku.com/

参考になる書籍

<イラストでわかる ABA実践マニュアル: 発達障害の子のやる気を引き出す行動療法>


<発達障害&グレーゾーンの3兄妹を育てる母の毎日ラクラク笑顔になる108の子育て法>


<最新図解 発達障害の子どもたちをサポートする本 (発達障害を考える心をつなぐ)>


ADHDの子の幼稚園選び

ADHDの子が幼稚園を探す場合は「特性に理解ある園」を探しましょう。

悲しいことですがADHDなどの発達に特性がある子に理解がなく、入園を断ったり、退園を迫ったり、子供に酷い態度を取る園が実在します。

筆者は保育園に1歳半から子供を預けていましたが、発達障害を理由に2歳で退園を迫られました。

しかも

「この子には何を言っても通じないから話をする必要が無い」

と保育士が考えたらしく、園では何も声をかけずずっと手首を掴んで引っ張り回す、という対応をされていました。

園で理解の無い対応をされると、発達するどころか子供が自分に自信が持てなくなったり、体調を崩すほど心に傷を負ったり、集団生活に拒否反応を示すようになったりします。

こうした二次障害に陥ってしまわないよう、必ず理解があり、サポートができる大人がいる園を選んでください。

ADHDの子が小学校に入学する時に必要なこと

幼稚園選びの次に悩むのが小学校選びです。

まずADHDの子は支援学校を選ぶことはあまりありません。

支援学校はどちらかといえば知的障害があったり、重度の障害を持つ子が入学します。

ADHDの子は通常の小学校に入学するケースが多いですよ。

ただ、悩んでしまうのが通常学級にするか支援学級かということ。

どちらを選ぶかかなり悩む親御さんが多くいます。

支援学級と言えば知的障害特別支援学級が有名ですが、ADHDの子は自閉症・情緒障害特別支援学級の方が一般的です。

支援学級(情緒)と略されることが多いのですが、こちらは知的な障害はないけれど、集団生活や人間関係を築くのが苦手な子が所属します。

「支援学級だと勉強が遅れる」というイメージがありますが、それは間違いです。

支援学級も通常学級と同じ指導要領の元で授業が進みます。

ただ

「支援学級は子供の特性や知能に合わせた指導を行っても良い」

ということになっているため、子供の理解度が足りない場合は授業内容が先に進まず、同じ所を繰り返し教えてもらうことがあります。

支援学級は先生1人に対して生徒が最大8人。

他に介助員や学習指導員が付くこともあるので、マンツーマンに近い環境で授業が進みます。

集中力がなかったり、注意力が散漫だったり、席に座っていられない子は支援学級で先生に付きっ切りで教えてもらった方がいいですね。

なお、通常学級と支援学級以外に「通級学級」というのもあります。

これは、月に数回だけ特別に開設される学級で、発達に特徴がある子供が集まって特性に配慮した授業を受けます。

普段は通常学級に居るけれど、この学級が開催される時は教室を出て通級学級へ行く、ということになります。

残念ながら通級学級が開設される学校は少なく、別の学校へ親が送迎しないといけなかったり、内容に偏りがあってADHDの子に合わない学級だったりすることがあります。

通級学級については、事前に

「どこの学校で、いつ、何回くらい、どんな授業が行われるのか」

確認しましょう。

こうした「どこに就学するといいのか」ということは、幼稚園や保育園の年長の時に自治体の教育委員会と相談することができます。

大体、年長の夏頃から「就学相談」をすることができますから、教育委員会の就学担当窓口に連絡してみてください。

教育委員会の担当者と相談したり、色々な小学校を見学したりして、納得できる就学先を選んでください。

子供に合うと思う校区外の小学校に入学することも相談できますから、ぜひ就学相談をしてください。

通常学級がいいと思いがちですが、ADHDの子供に合った環境を整える、という視点で検討することをお勧めします。

筆者の子は年長の夏から教育委員会の担当者と相談を繰り返し、小学校も授業を見学に行って校長先生や教頭先生と何度も話し合いを重ねました。

そして入学前から学校内に子供を入れてもらったり、模擬授業を受けさせてもらったり、スムーズに就学できるよう協力してもらいました。

支援学級(情緒)に居ますが、本人は楽しく毎日自力で通えていますよ。

ADHDは治せないが対処法はある!

ADHDは脳の機能の問題なので完治させることはできません。

しかし、薬を服用したり、子供に合った環境を整えたり、ソーシャルスキルトレーニングなどで社会に適応するためのスキルを身に付けるといった対策で困難さを減らすことができます。

幼稚園や小学校を選ぶ時に辛い思いをしたり悩んだりすることもありますが

「子供に合う環境を整える」

ということを一番に考えていきましょう。

療育すれば子供の困難さは減ります。

子供が困ることはなにか、と観察し、専門家の方々の協力を得ながら対処法を模索していくようにしてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)