娘が学童嫌い!習い事を増やして乗り越えられる?

低学年のいる共働き家庭では、習い事をいつすればいいのか気になっている方も多いのでは。

平日に通わせたいけど、一人で行かせるにはまだ早いかも・・?

安全に通うにはどうしたらいいの・・?

学童に行きながら3つの習い事に通う娘の例をご紹介します。

春を迎え、新小学一年生がいるご家庭では、これから始まる学校生活に胸を躍らせていることと思います。

しかし、共働きのご家庭では、入学式を前に4月1日から始まる学童での生活や、保育園の時より早くなったお迎え時間など、これからどういった生活になるのかということにも、期待と不安を抱かれているのではないでしょうか。

我が家には今度小学三年生になる娘がいますが、二年前の春には、保育園から一緒に通う友達が誰もいない学童で楽しく過ごすことができるのか、とても心配していたことを思い出します。

結果として残念なことに、娘は学童があまり好きではなく、その対策として学童に行く日を減らすため、平日に習い事を入れることで、なんとか乗り切ることになりました。

現在、学童に行きながら、平日に3つの習い事に通っている娘が、どのように一人で通っているのか、また、ヒヤッとしたことや、安全面で気を付けていることなどをご紹介します。

平日に習い事を始めるまで

娘が一年生の時のGWが明けてしばらくたった頃、仕事中に学童から連絡がありました。

「娘さんが学童に来ていません。」

娘の通う学童は小学校の敷地内にあるので、授業が終わったらすぐに行けるはずですが、すでに入室予定時間から1時間弱ほど過ぎています。

半ばパニックになりながら、近所の知り合いに娘を見かけなかったか、と電話をしていたところ、再度学童から連絡があり、

「教室で担任の先生と一緒にいた」

とのこと。

聞くと、

「娘が学童に行きたくないと先生に泣きじゃくりながら、ずっと話していた」

と。

その前から

「学童に行きたくない」

と言ってはいたものの、時間が経てば慣れるだろうと思っていましたが、いっこうに改善することもなく、腹痛が続いたりと体調面でも不調が現れていた矢先だったので、これは本気でなんとかしなくてはいけない、と考えました。

学童に行かないということが当面の解決策としては一番なのかもしれませんが、私の帰宅が18時30分以降になり、まだ一人で長時間留守番をさせるのも不安だったため、学童に行く回数を減らす、という手段を取ることとしました。

以前から土曜日にスイミングに通っており、小学校からスイミングは歩いて数分で行けるため、平日週2回に移し、スイミングのある日は学校からランドセルのまま直行し、帰りはスイミングのスクールバスに乗り、親の帰宅まで1時間ほど留守番をする、というスケジュールにしました。

最初はちゃんと行けるか、鍵をなくさないか心配でしたが、ごくたまにさぼってお友達と帰ってしまうことはあったものの、順調に通うことができていました。

スイミングも入退出時間をメールで連絡してくれるサービスがあったため、安心でした。

帰宅後に鍵をかけて一人で習い事に

しかし、通っていたスイミングが改修の為休業となり、別の教室に行くことになると困ったのが、開始時間が今より遅く、場所も遠くなるため、一度家に帰ってからスイミングのスクールバスで通わなければならない、ということでした。

ここでの一番の問題は、出かけるときに鍵をちゃんと閉めることができるのかどうか。

閉め忘れて外出し、帰宅した時に居直り強盗にあったりしないか心配しましたが、本人の

「絶対閉める」

という言葉を信じ、また、同じマンションの友達も一緒だったこともあり、通わせることとしました。

習い事が3つになり、かけもちで行くように

2年生になる直前、娘が

「ピアノを習いたい」

と言ってきました。

私自身もいつかはピアノを習わせたいと考えていたので、家から近いピアノ教室でたまたま空いていた平日の16時半に、学校から帰宅後、時間になったら一人で教室に通うことにしました。

そして夏休みになると、今度は

「学習塾に通いたい」

と言ってきました。

親としては、これ以上習い事は必要ないと考えていましたが、

「算数が苦手だから勉強したい」

という本人の強い希望に半ば折れるような形で通うこととなりました。

こうなると習い事も多くなりすぎるため、スイミングを週1日に減らしましたが、日程の関係でピアノと週2回の学習塾のうちの1日が同じ日になってしまったため、ピアノが終わったあと、そのまま徒歩7~8分を歩いて学習塾に通うことになりました。

学習塾が終わるのが18時以降になり、一人で帰るには遅い時間だと感じるため、教室で待ってもらい迎えに行っています。

安全対策、心配したこと

このような感じで平日に学童2日、習い事3日のスケジュールで現在過ごしていますが、やはり一人で習い事に行かせることにはいつも不安な気持ちでいます。

安全対策の一つとして、子供用の携帯を持たせており、習い事に着いた時と家に帰った時には連絡するように言っていますが、結構な確率で家に置き忘れてしまうことに頭を悩ませています。

何度言っても忘れてしまうようで、そろそろ習い事の始まる時間だと思ってGPS探索で位置を確認しますが、ずっと自宅を示したままで、無事に着いたのだろうかと心配になってしまうことも度々です。

また、家のリビングには、スマホで室内の様子が見られるカメラを設置しているので、帰宅後の様子がわかり安心ですが、帰り道で会ったお友達と公園で遊んでしまうこともあり、帰宅しているはずの時間なのに、リビングの画像は真っ暗で、どこにいってしまったのかと不安な気持ちになることもあります。

鍵を落としてしまったこともあり、その時はたまたまマンション内で管理人さんに拾ってもらったため事なきを得たのですが、やはり、しっかりしてきたと思っても、まだまだこどもなので、口うるさくても事細かに注意点を伝えるようにしています。

平日に習い事に通い良かったこと

学童嫌いの対策として習い事を始めましたが、良かったと思う点は子供が自分で考える力がついてきたことです。

遊びに夢中になっていても、時間を見て習い事に間に合うように行くのはもちろんのこと、

体調が悪いときは無理して行かない、

鍵を持っていくのを忘れてしまい家に入れなくなったときも(これは親の確認ミスでもありますが・・)親しくしている同級生のお母さんに困っていることを伝える、

などの判断が自分でできるようになってきました。

そして、娘が習い事に通う上で大きな力となっているのが、周りの方のサポートです。

同じ時間に習い事が終わったら、娘を一緒に連れて帰り、私が仕事から帰るまで家で過ごさせてくれる友達のお母さん、

「今終わりました」

と連絡をくれるピアノの先生、娘が元気がなさそうに歩いていると

「どうしたの?」

と声をかけてくれる近所の方。

こうした周りの方々の温かい気持ちで、学童と習い事の両立ができていると思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)