学童18時お迎え間に合わない!娘の1人時間ゼロにする策は?

学童生活の始まりは、入学式前の春休みから

1歳から都内の保育園で過ごしてきた娘、卒園を迎え、晴れて新一年生になる頃、まず頭を悩ませるのは、入学式前の約1週間ほどの春休みの過ごし方でした。

学童は朝から受け入れているといっても、保育園と違い、9時からだったのです。

この9時というのが、難題でして、私が家を出るのは8時前、夫が家を出るのは8時過ぎ。

保育園出たばかりの子に、いきなり朝の空白の1時間をどう過ごさせたらいいのか?というのが、まずは大きな悩みでした。

結局、出社が遅いママの家に行かせてもらって、時間になったら一緒に学童に行ってもらったり、夫と交代で出社を遅らせたり、色んな手を使ってなんとか乗り切りましたが、毎日綱渡り状態だったのを覚えています。

始まる前は学童のお迎え時間ばかり気にしていましたが、

4月は春休みからスタートするのですから、朝時間のほうを気にするべきでした。

お迎え問題

入学式を過ぎて、平日は毎日、学童のお迎え生活となりました。

そもそもフルタイムで勤務している限り、毎日18時に確実にお迎えができるかというと、そんなことはありません。

娘が1年生だった当時の学童は、お迎えが間に合わないときは延長を頼めるという環境ではありませんでした。

18時にお迎え必須、できない場合は、少し前に学童を出させて、ひとり帰りという形しかありませんでした。

早速、週に1回はひとり帰りさせて自分で鍵を開けて家に帰るという練習をやらせてみました。

これ、春から夏にかけては日が長くなるので、帰り道が明るい時期に練習させると良いと、先輩ママに言われていたのです。

実際に練習させてみたところ、結果は・・・

さびしがり屋の娘、家に1人で居たくないと言うではありませんか。

これには想定外でした。

私が帰ってくるまでのたった30分とは言え、1年生には長い時間だったようです。

一人で帰っても、家に居たくないから、友達の家に行ってしまって所在が分からないという事もありました。

嫌々一人でお留守番させるというのは、私も気が引けますし、返って不安も募ります。

それから、一人でお留守番することが無い様、実際、色んな対策をしました。

その紆余曲折をご紹介したいと思います。

習い事&児童館クラブ&留学生シッターを組み合わせて過ごす日々

1週間のうち、2日は私が18時までに学童にお迎えに行くことに決め、週3は学童ではない過ごし方をさせようと1年生の6月ごろから、色々模索し始めました。

1年生の間、習い事&児童館クラブ&留学生シッターを組み合わせて何とか乗り切ろうと奮闘した結果、見えてきたことがありました。

習い事にファミサポさん送迎

今まで土日に行っていたバレエ教室を平日に変更し、送り迎えをファミリーサポートの女性、いわゆるファミサポさんに頼みました。

ファミサポさんの送迎、ありがたい面もあったのですが、娘がバレエ教室に参加している間はファミサポさんにどこかで待ってもらう必要があり、またバレエ教室が終わって、私が帰ってくるまではファミサポさんのお宅で待たせてもらう形でした。

この仕組み、安全という面では充分、理にかなっているのですが、遠いお宅のファミサポさんの場合は、ファミサポさんのお宅にお迎えに行くという時間がもったいなく思ってくるのです。

ファミサポさんは都度払いなので、お迎えして清算して様子をうかがって、となると、家に帰るころには、もう20時過ぎていました。

習い事の日は、疲れた娘に夕ご飯を食べさせ、それから宿題をやらせるというバタバタの夜を過ごすことになりました。

児童館クラブに参加

ちょうど1年生は一輪車にハマる年頃でしたので、一輪車クラブに入り、18時まで児童館で過ごすことにしました。

こちらもお迎えではありますが、児童館は学校より駅に近く、家にも遠回りせずに帰れるという立地だったのです。

私のお迎え余裕はたった10分ほどでしたが、娘もクラブの友達と好きに遊べる時間があったので、満足感が高く、結果的に良い過ごし方だったと思います。

娘が家で機嫌が良いというのが、一番のメリットだったかもしれません。

留学生シッターの利用

近所に留学生シッターを派遣する設立間もないシッター会社があり、1時間2000円以下の値段で、最低利用2.5時間~という値段に惹かれて、契約しました。

普通のシッターは2500円前後で3時間からです。1日7,500円はちょっと予算としてもきつかったので、外国語にも触れられる上、安くて利用しやすい留学生シッターに飛びつきました。

結果、事業者が未熟で、それを選んだ私の甘さがあり、長くは続きませんでした。

外国語に触れるといっても勉強をさせるわけではないので、帰ると一緒にだまってジブリ映画をビデオで見ているという過ごし方があったり、来るといった日に来なくて、学童からお迎えが来ないと電話が来たり、日本語のできない代理の人が予告なしに来て、娘がフォローして電話をよこす日があったり、終いにはなぜか2人のシッターが来るという逆ダブルブッキングもありました。

お迎えの大変さを軽減するはずが、かえってトラブルを抱える日々となり、早々に契約を解除しました。

一人で帰れるようになったけれど・・・

新1年生の放課後をバタバタの日々で過ごしましたが、娘も徐々にたくましくなります。

2年生になったら、習い事もファミサポさんに頼まず、友達と一緒に行くようになりました。

そして一人で帰ると宣言する日が徐々に出てきたのです。

なぜなら、友達のお宅に遊びに行きたいからです。

家にお母さんがいるお宅にお邪魔して遊ばせてもらい、お迎えに行くという日が増えてきました。そうなると困ることが出てきます。

「学童つまらないから行きたくない」という不満です。

そして、娘から「我が家にお友達呼びたい」という要望が持ち上がってきました。

さびしがり屋の性格だからなのか、小学生だからなのか、

「とにかく友達と好きに遊びたい」

それこそ娘が一番やりたいことだったのです。

ですから、習い事に行く日も、別の友達と遊びに出かけてしまい、一緒に行く予定だったお友達との待ち合わせに来ていないということもありました。

その度に職場から電話口でなだめすかしたり、しかったり。

お友達のお母さんに謝るなど、そんなことが多くなりました。

何だか一人で帰れるようになった分だけ、予測のつかない行動も増えてきたという状況でした。

落ち着いて仕事したい・・・何度思ったことでしょう。

シルバー人材センターの家事見守りが大当たり

娘が2年生の後半になったころ、真剣にシッター探しを始めました。

でも小学生を家で見守ってもらうだけなのに1時間2500円前後も掛けられないという貧乏根性が邪魔をして、なかなか前に進めません。

それならば家事をしてもらう家政婦さんのほうがいいのでは?

という発想から、検索に検索を重ね、シルバー人材センターが子どもの見守りを担っていることを知りました。

しかも聞いてみると見守り中に家事をしてくれるというではありませんか!

そして値段は1時間1150円でした。

また支払いは1か月まとめて請求書が来て、コンビニ払いができるのです。

説明を聞いただけでも色々な面が願ったり叶ったりで、すぐに来てもらえる人の手配をお願いしました。

シルバー人材センターの人も交えて、来てくれるシルバーさんを面談しました。

2人の方に頼みましたが、どちらも60代の元気な女性でした。

週2回、1日2.5時間を基本として、家事をしながら見守るという業務を依頼することにしました。

また状況に応じて稼働時間は増えても減っても大丈夫というのも、良いポイントでした。

結果、シルバーさんの見守りの間、お友達が遊びにくることもできました。

また家事は掃除機かけや洗濯干し、洗濯物取り込みやたたみ、台所の片づけなど、色々と細々したことをしてくださいました。

これがほんとに大助かり。家に帰ったらきれいになっている。

娘ものんびりリラックスしている。

帰ったら後はご飯を作って、娘と一緒に食べられます。

シルバー人材センターから派遣される人にもよるかもしれませんが、派遣されてきた2人のシルバーさんは実際業務をする間、骨惜しみせず、色々な家事をしてくださいましたし、娘に対してもおやつを用意してくれ、とてもよくしてくださいました。

一人で留守番できるようになったのはシルバーさんのおかげ

それから、娘が一人で留守番できるようになったのも、シルバーさんのおかげかもしれません。

シルバーさんが家にいてくれることで、娘は平日に家でリラックスして過ごすことができる良さを知ったのだと思います。

娘が3年生を終えるころまで、週2でシルバーさんに家事見守りを頼み続けました。

そのころには学童からも一人で帰れるようになり、お留守番も問題なくできるようになり、すべて上手く回っているという実感が持てるようになりました。

放課後がハッピーになった転機は、やはりシルバーさんに頼み始めたことかだったと思います。

娘は中学生になった今でも、シルバーさんの作ってくれたフレンチトーストが絶品だったと言っており、いい思い出になっているようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)