七五三のお祝いはいつするの?時期や年齢は?料理は?

七五三のお祝いはいつすればいいのかご存知ですか?

恥ずかしながら私は長男が3歳になるまでよくわかっていませんでした。

そこで七五三のお祝いの時期や料理の悩んでいる親御さんに、七五三とはどういう行事なのかをご紹介します。

七五三のお祝いの時期や年齢はいつ?

七五三は7歳、5歳、3歳のお祝いです。

女の子は7歳と3歳、男の子は5歳と3歳でお祝いをするものとされ、神社にお参りするのは11月15日とされています。

とはいえ、ちょうどその日に休みがとれればいいですがそういうわけにもいかないので、だいたい10月から11月の間の都合のいい日にお参りするのが一般的です。

他にも地域の秋祭りに合わせてお祝いをするというところもあります。

きちんとするなら7歳や5歳の時もするといいのですが近頃は3歳で七五三のお祝いを済ませて、その後はしないという人も多いです。

お参りをするのは数え年でも満年齢でもどちらでも問題ありませんが、満年齢でする場合は11月15日までに誕生日の来ない場合は翌年にお祝いします。

ただし、男の子の場合はやんちゃな子が多く、3歳では写真も参拝も騒いでできないという場合もあり、そういった子供は3歳はやめて5歳のお祝いをすることもあります。

うちの長男は11月末の生まれでしたので翌年祝いましたが、服は着てくれず、神社では寝転び、料理はつまみ食い……

大変な目にあいました。

お子さんの性格を見てお祝いの時期を決められることをおすすめします。

七五三の縁起物・千歳あめの意味とは

七五三の料理に特に決まりはないですが、一つだけ必ず付く縁起物があります。

それは、千歳あめです。

紅白の、長い棒のような飴は、もともと江戸時代の浅草が発祥と言われています。

縁起のいい紅白色に、袋も鶴亀や松竹梅など縁起物が描かれています。

もともとはお参りをした神社が授けてくれる縁起ものですが、近頃は写真撮影の時にくれるところもあります。

こんなの子供一人で食べきれないけど縁起物を切るのは、とためらうかもしれませんが、良いことは分かち合うものなのでみんなで分けて食べるといいです。

もっともうちでは息子は誰にも渡さず、一人でぼりぼり食べつくしてしまいましたが。

自宅でお祝いするなら七五三の料理は何がいい?

七五三の料理とはどんなものなのでしょうか。

うちでは旦那の両親のこだわりでお赤飯と尾頭付きの鯛の塩焼きを用意しましたが、それ以外にもいろいろ並べました。

実は七五三の料理は特にこれといった決まりはありません。

お子さんのお祝いなので、お子さんの好きなものを用意してあげましょう。

とはいえ、こういうお祝い事は両家の両親を交えて行うのが一般的なので、いくら子供の好きな料理と言ってもあまり手抜きをすると何となく気まずいものです。

見栄えよくなおかつ簡単にできる料理をご紹介します。

子供が喜ぶおすすめの料理

  1. 海鮮ちらし寿司
  2. びっくりハンバーグ
  3. 茶碗蒸し
  4. わかめと温野菜サラダ
  5. お吸い物
  6. フルーツヨーグルト

海鮮ちらし寿司

海鮮ちらし寿司は、ちらしずしの素と、サーモン、鮪、エビ、うなぎを少々、きぬさや、錦糸卵、でんぶを用意します。

サーモン、鮪はぶつ切りにして、エビは小さめの茹でてあるサラダ用のものがおすすめです。うなぎも刻みましょう。

きぬさやは細切りにしておきます。

材料を切り終わったらちらしずしの素とご飯を混ぜ合わせ皿に盛ります。

ご飯の上に錦糸卵を散らします。

その上に小さめに切ったサーモン、鮪、エビを均等に散らしていきます。

最後にきぬさやを彩にのせ、さらにでんぶをふりかけると出来上がりです。

お子さんと一緒に作ると楽しくできます。

子供用に、一口大のちらし寿司をラップで包んで丸くぎゅっとおにぎりのようにした後皿に盛り、花の形に型抜きした茹でた人参を飾ってもかわいいです。

他にもお稲荷さんのかわを買っておいて、中に詰めれば寿司稲荷の出来上がりとアレンジしやすく見栄えがいいのがちらしずしの特徴です。

びっくりハンバーグ

合いびき肉300g、卵1個、玉ねぎ半分、人参3分の1、椎茸少々、ナツメグ少々、パン粉大匙3、ウズラ卵の水煮、塩コショウを用意します。

玉ねぎ、人参、椎茸をみじん切りにして、熱く熱したフライパンでざっと1分ほど炒めます。

材料をウズラ卵以外すべてボウルに入れて、さっと混ぜ合わせます。

子どもも食べやすく小さめに形を整えて最後に中にウズラの卵を入れます。

出来たらフライパンに並べてアルミホイルをかぶせ、弱めの火でじっくり中まで蒸し焼きにします。

火が中まで通ったら出来上がりです。

茶碗蒸し

卵2個、だし汁400cc、銀杏、三つ葉、ささみ、白ネギ、酒、しょうゆ、塩、みりんを用意します。

ささみは小さく切り分け、しょうゆ、みりん、酒を混ぜたものにつけておきます。

たまごを混ぜたものにだし汁を加え、卵液を作ります。

器につけておいたささみとその他の具材を入れ、卵液を入れて蒸したら出来上がりです。

酒を入れずにするかささみに気を作れば小さな子どもでも離乳食として食べられます。

わかめと温野菜サラダ

生だと食べづらい野菜は温野菜で、わかめを加えると、美味しく栄養満点です。

お吸い物

はまぐりと手毬麩で彩り鮮やかなお吸い物が簡単に作れます。

おめでたい日にははまぐりのお吸い物は欠かせないですよね。

フルーツヨーグルト

デザートは大きめに刻んだ果物にヨーグルトをかけるだけ。

イチゴやブルーベリーなどは事前に冷凍庫で凍らせておいても美味しいです。

以上が簡単で見栄えよく喜ばれる七五三のおすすめ料理でした。

せっかくのお祝い、晴れの日なのですから今までの無事とこれからの健康を願って家族で仲良くお祝いをしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)