赤ちゃんの鼻水が出てこない!4つの合わせ技で予防と対策!

私の子供はしょっちゅう鼻水が出ます。

冬になると風邪ひいてるわけでもないのですが、鼻水で鼻呼吸できず何度も起きる日々が続きます。

2歳の頃は普通に起きるのではなく絶叫して起きるので家族全員寝不足でした。

我が家で行っている効果のあった対策をご紹介します。

なぜ鼻水は出るのか?有効な対策は?

ウイルスや細菌が入り、それをを追い出すために鼻水が出ます。

そして、これ以上菌が入らないにようにブロックする働きが鼻づまりです。

なので、日ごろ病原体が鼻水が出る原因である病原体が体に入り込まないようにするのが予防ですが、手洗いうがいしていても鼻水出ますよね。

では、鼻水が出たらどう対処すればいいのか?

耳鼻科の先生に聞くと、とにかく鼻水を吸ってあげること、だそうです。

子供が苦しそうにしているのは見ている方も辛いですし、そのままにしておくと鼻水を吸って菌が逆戻りしかねません。

4歳になる我が子は鼻水が出ると反射的に吸ってしまいます。

なので、

「吸ったらだめ、出して!ふん!って出すの!」

と教えたりもしたのですが、まだ難しいようです。。

子供の鼻水、我が家の対策は…

対策1.自宅で鼻水吸引(メルシーポット)

もう手放せないメルシーポット

これは小さい子供がいる方はだいたいご存知ですよね。

上の子が0歳の時に買いました。

メルシーポットは1万円を超えるので迷いましたが、口コミがいいのと、先輩ママ達の

「メルシーポットがないと冬越せない」

という言葉から買うなら早い方がいいと思ったからです。

結果的には我が家でもなくてはならない育児アイテムです。

コツを掴むまで使い方が合ってるのか不安でした。

なぜなら、子供は絶叫しながら泣くし暴れます。

痛いのかな?大丈夫かな?

夫と

「もう止めてあげたら?」

「でも鼻水取り切れてないし…」

というやり取りを何度もしました。

なんとか鼻水を吸い切ってあげるとしばらくはぐっすり眠ります。

すぐ鼻水出てくるんですけどね。

それでも苦しくて浅い睡眠を8時間以上続けるより、2時間毎にブオーって鼻水吸って2時間熟睡できる方がいいと思いました。

運が良ければ3時間以上持つこともあります。

そして4歳現在。

まだ自分で鼻をかめないので寒い時期はほぼ毎日使ってます。

使うタイミングは入浴後、ひどい時は朝の登園前にも吸います。

寒い時期の旅行にもメルシーポットを持っていきます。
(荷物が多くなるので基本的には衣類などと一緒に段ボールに入れて送ってます)

鼻水だけでなく、鼻くそもまだ自分でうまく取れないので、メルシーポットで吸ってあげるのですが、ビー玉大ほどの大きい鼻くそがズボボッと取れます。

また、3歳頃から抵抗することはなくなり、自ら

「はなみずとって…」

と言ってくることも多々あり、こちらとしても鼻水吸引の難易度がかなり低くなりました。

鼻水吸引するとスッキリする、楽になるということを理解したんでしょうね。

対策2.家で吸いきれない鼻水はできるだけ早く耳鼻科へ

家で鼻水ケアこれだけしてるのに耳鼻科にも定期的に行ってます。

なぜなら、うちの子、鼻水が出ると反射的に吸うので、それが1週間続くと鼻腔に蓄積して鼻が詰まります。

鼻腔に溜まった鼻水はさすがにメルシーポットでは取れません。

なので少しでもその兆候(メルシーポットで吸っても鼻が通らない)があればすぐに耳鼻科に行って細い管を突っ込んで奥に溜まった鼻水を吸ってもらいます。

必要であればシロップの薬も処方してもらっています。

こまめにケア、早めに通院することで鼻づまりが格段に減りました。

病院の先生に長女が自分で鼻をかめないことを言うと、これを進めてくれました。

鼻をかむ練習ができる「はなかみ練習器」です。

鼻の穴にあてて鼻から息が出せたら絵柄のついた紙が膨らんで出てきます。

遊びの延長ではなかみできるようになったらいいな…

と希望を持って買いましたが、うちの子は口で吹いて膨らませたりして全く鼻で練習してくれませんでした。。

対策3.真冬はさらにアイテム追加

布団をかけてもかけても蹴るのでもう着込ませようと。

最初は私がちょこちょこ起きて布団かけなおしてたのですが私が寝不足になるし、夫が一緒に寝た場合は全然布団かけなおさないしで真冬はスリーパー、レッグウォーマーも必須です。

また、↓2歳の次女にはこのスリーパー

このスリーパーは足首のゴム幅が広いので全く上に上がってきません。

なので布団がかかっていなくても足の先端までポカポカのまま。

↓4歳の長女にはこのスリーパー

このスリーパーは寝ているうちに上に上がってきて足がヒンヤリ冷たくなっていたのでレッグウォーマーも取り入れてます。

対策4.加湿器でウィルスの増殖を防ぐ

ウィルスは乾燥が大好き。

室温を22℃、湿度を50~60%を目標にしましょう。

加湿器も冬を越す必須アイテムです。

我が家はスチーム式加湿器。

鼻づまり防止に一役買ってると思います。

なぜスチーム式かと言うと、あたたかいんです。

以前、超音波式を使ってたのですが寝てるとき寒くて寒くて。

スチーム式に変えてから下の子の咳がピタリと止まって、上の子の鼻詰まりも緩和されました。

おまけ情報

あと、試したけど効果なかったものはこれ。

ヴェポラップ。

鼻がスーッと通るって口コミで見て試しましたがうちの子には効きませんでした。

効く子供もいるようなので試してみる価値はあるかも。

まとめ

子供によって鼻水、鼻づまりの原因は違うので一概には言えませんが、もし鼻水で悩んでいて上記アイテムを取り入れたことなければ、毎日入浴後の鼻水吸引、寝室にスチーム式加湿器を試してみてください。

新たに何か購入するのがためらわれる場合は、冷え防止(着込む)、乾燥防止(洗濯物部屋干しなど)をして少しでも鼻水が出る原因を減らしてこの冬を乗り越えましょう。

コメントを残す